名古屋【2017 かきつばた記念(Jpn3)】予想と穴馬情報

かきつばた記念

どうも、YOROです。

GW期間中の5月3日(水)は名古屋で指定交流重賞、
【2017 かきつばた記念(Jpn3)】が行われますので、今回はその予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

昨年は出走したJRA所属馬5頭が全て掲示板を確保し、圧倒的な実力差にまったく歯が立たなかった地方勢ですが、今から3年前のこの競争では地方所属のタガノジンガロ制しており、地方勢に全く期待が持てない訳ではありません。

その点も踏まえ、出走馬の確認をしておきましょう!

 

①ドリームキラリ   56.5 黛弘人
②トウケイタイガー  52.0 川原正一
③マルカンパンサー  51.0 岡部誠
④タイニーダンサー  53.0 内田博幸
⑤ラブバレット    51.0 友森翔太朗
⑥ショコラブラン   56.0 M、デムーロ
⑦レーザーバレッド  58.0 戸崎圭太
⑧カツゲキライデン  51.0 木之前葵
⑨タムロミラクル   55.0 川田将雅
⑩ワンダフルタイム  51.0 宇都英樹
⑪ケイリンボス    51.0 吉井友彦
⑫ラブバレット    53.0 山本聡哉

以上の12頭の競走です。

 

注目は現在2連勝中のショコラブランでしょうか。

 

デビュー後は1400mを中心に使われていた馬ですが、1200mを中心に使われるようになってからはその実力を開花させ、安定した成績をあげれるまでになった馬です。

ハンデキャップ競走の今回は、地方馬が極端に軽量な斤量を背負うのに対し56.0キロと決して軽量とは言えない斤量ではありますが、そもそもこの馬にとって56.0キロは背負いなれた斤量ですので気にするまでもありません。

スタートも上手な馬で、地方のダート戦では特にスタートが不安視されるM、デムーロも安心して騎乗できるのではないでしょうか。
偶数枠を引いた事もプラス材料です。

 

このレースは今年からハンデ戦となりました。

51.0キロ~58.0キロまで斤量差が7キロもある競争となり、小回りな名古屋では斤量が鍵になりそうです。

 

トップハンデ58.0キロはレーザーバレッドです。

 

今年で3年連続の出走で、昨年は③着で一昨年前は②着と2年連続で馬券圏内を確保しております。

今年初戦だった前走の東京スプリントでは勝ち馬から0.2秒差の③着と大きく負けておらず、今年で9歳になりますがまだまだ衰えはありません。

 

 

問題は斤量58.0キロが克服出来るのかどうかですが、やはり名古屋の小回りという事を考えるとかなり厳しい条件ではないかと思います。

 

そして、今回の注目馬はあの地方馬です!

下記リンクよりご確認下さい。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

兄にNARグランプリホースを持つ注目株で、マイル以下の距離では地方を代表する実力馬さえも子ども扱いしています。

斤量面や枠順などプラス要素の方が多く、積極的に狙って見たい1頭です。

 

それでは予想を公開致します。

 

◎『人気ブログランキング』にて馬名公開!
○  タイニーザンサー
▲  レーザーバレッド
☆『人気ブログランキング』にて馬名公開!
△  ドリームキラリ
△  タムロミラクル
△  ラブバレット

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて掲載予定です。

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

中央、地方問わず予想公開中!
是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク