東京【2017 ヴィクトリアマイル(G1)】予想と穴馬情報

ヴィクトリアマイル


どうも、YOROです。

5月14日(日)は東京競馬場でG1競走が行われます。
【2017 ヴィクトリアマイル(G1)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

春の4歳以上牝馬による女王決定戦です。

 

秋は京都競馬場で『エリザベス女王杯』が行われ、距離も2200mと牝馬には辛い距離での開催ですが、『ヴィクトリアマイル』は東京競馬場の芝1600mで争われるレースで、短距離適性の高い馬や中距離適正の高い馬など様々な距離での活躍実績のある馬が集結するだけに、まさに牝馬女王決定戦と言えます。

 

昨年はストレイトガールが連覇を達成した事が記憶に新しいのですが、過去には2013年と2014年はヴィルシーナも連覇を達成し、牝馬でダービー制覇の偉業を達成したウオッカや3冠牝馬アパパネブエナビスタホエールキャプチャなど、連続で馬券圏内の活躍を果たす馬の多い『超リピーターレース』です。

 

まずは昨年のヴィクトリアマイルをご覧ください。

 

 

このレースでは勝ったストレイトガールの強さは当然ですが、ストレイトガールは既に引退しておりますので注目は②着以降の馬です。

 

先にも言いましたがこのレースは超リピーターレースで、ブエナビスタホエールキャプチャ、そしてウオッカも繰り返し馬券に絡んだレースです。

昨年のヴィクトリアマイルで掲示板を確保した5頭は非常に優秀で、ジャパンCを制覇したショウナンパンドラの他に②着ミッキークイーンや④着スマートレイアー、⑤着ルージュバックと今年のレースでも上位人気が予想される実力馬が名前を連ねております。

 

2年前の秋華賞を勝って以降、善戦止まりで勝利から遠ざかっていたミッキークイーンは前走の阪神牝馬Sを快勝し、3度目のG1 制覇へ向けて視界良好です。

 

 

昨年のヴィクトリアマイルでは②着に敗れましたが、昨年は今年快勝した阪神牝馬Sでも②着でしたので今年はその時よりも体調が上がってる印象です。

自慢の末脚で再び女王の栄冠獲得を目指します。

 

昨年④着だったスマートレイアーにも注目です。

 

前走の京都記念では昨年のダービー馬マカヒキに先着し②着と好走しましたが、勝ったサトノクラウンや④着だったミッキーロケットが大阪杯で好走した事を物差しにすると、京都記念の②着は価値ある②着で、牝馬同士の一戦では実力は明らかに上位です。

 

 

ヴィクトリアマイルは今年で4年連続の出走ですが、⑧着⑩着④着と昨年こそ掲示板を確保しましたが、前哨戦で好走していても危険な人気馬でした。

近走は中距離を中心に使われていたので一気の距離短縮が不安要素ではありますが、最近好調の武豊Jに手戻りし、期待の方が大きい1頭ではないでしょうか。

悲願のG1タイトルに手が届くか注目です。

 

昨年の着順は⑩着と振るいませんでしたが、ここに来て調子が戻ってきたレッツゴードンキにも注目が集まります。

 

一昨年前の桜花賞を勝った後はしばらく勝ち星から遠ざかっていましたが、京都牝馬Sを力強い末脚で優勝し、前走の高松宮記念でもメンバー中最速の末脚で②着に好走しました。

 

 

約2年ぶりのG1 制覇へ視界は良好で、何と言っても馬主の廣崎利洋HD はストレイトガールからの3連覇がかかる一戦です。

 

ヴィクトリアマイルの好走データは出馬表確定後の木曜日に公開を予定しておりますので、是非ご期待ください!

 

それでは注目の穴馬を1頭あげておきます。

下記リンクよりご確認下さい。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

一昨年前はキーンランドC①着、スプリンターズS③着とスプリント路線で実績を残していたが、昨年は見せ場ない成績が続いていた馬です。

スプリント路線で実績を残していた馬ですが、前走で中距離にも対応できることを示し、当然ながらマイルへの対応も十分可能です。

昨年のヴィクトリアマイルでは勝ったストレイトガールとトップタイの上りタイムを記録しており、1発あるならこの馬です!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

↑【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!
是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク