東京【2017 東京優駿《日本ダービー》(G1)】予想と穴馬情報

日本ダービー


どうも、YOROです。

『ダービーというのは、勝つための準備をしてきた馬が勝つレースだと思います』と語ったのは昨年のダービーを制し、デビュー13年目でダービージョッキーの仲間入りをした川田将雅ジョッキーです。

遂に今週末の5月28日(日)は日本ダービーです!

【2017 東京優駿《日本ダービー》(G1)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

『ダービーウィーク』ということで、先週のオークスが終わった直後からダービーの話題で持ち切りですが、先週の『オークス』では見事に◎ソウルスターリングから馬券的中となりました!

 

予想記事→【2017 優駿牝馬《オークス》(G1)】

 

予想を参考に的中した方々はおめでとうございます!

 

『オークス』と同舞台で行われるのが『日本ダービー』ですので、先週の勢いそのままにダービーも的中させたいところですので、今週の予想でも是非宜しくお願い致します。

 

それでは出走馬の確認を行いたいと思います。

 

①ダンビュライト    武豊   【5.3.2.17】
②アメリカズカップ   松若風馬 【0.0.0.0】
③マイスタイル     横山典弘 【2.3.0.15】
④スワーヴリチャード  四位洋文 【2.0.3.10】
⑤クリンチャー     藤岡佑介 【0.0.0.4】
⑥サトノアーサー    川田将雅 【1.0.0.9】
⑦アルアイン      松山弘平 【0.0.0.3】
⑧トラスト       丹内祐次 【0.0.0.0】
⑨マイネルスフェーン  柴田大地 【0.0.0.4】
⑩ベストアプローチ   岩田康成 【1.1.2.6】
⑪ペルシアンナイト   戸崎圭太 【0.0.0.4】
⑫レイデオロ      C、ルメール【0.1.1.0】
⑬カデナ        福永祐一 【0.2.0.15】
⑭ジョーストリクトリ  内田博幸 【1.0.0.9】
⑮ダイワキャグニー   北村宏司 【0.0.0.6】
⑯キョウヘイ      高倉稜  【0.0.0.0】
⑰ウインブライト    松岡正海 【0.0.1.7】
⑱アドミラブル     M、デムーロ【2.0.0.2】

 

25日14時30分頃枠順が発表になりました!

アドミラブルには非常に厳しい大外⑱番、その他ペルシアンナイト、レイデオロ、カデナも外目の枠となり、今週からCコース替わりで週末の天気は『晴れ予報』を考えると、波乱の可能性も出てきました。

 

騎手の名前の後に表示しているのは、そのジョッキーのダービーでの成績です。

赤字がダービーでの優勝経験者で、青字がダービー初参加のジョッキーと分かりやすくしてます。

 

日本ダービーでは騎手の技量も大きく成績を左右するポイントで、ダービーを最多の5勝している武豊ジョッキーは『ダービーの勝ち方がある』というほどです。

全てのジョッキーが目標にするダービーでは、みんな意識が勝ちに向きすぎて仕掛けが早まるジョッキーが多いと言われています。

武豊ジョッキーも『若いジョッキーなんかは仕掛けが早い!』とコメントしているように、勝負所での駆け引きでは経験が豊富で、ダービー優勝経験があるダービージョッキーに分があるのかも知れません。

 

ちなみに…

昨年の日本ダービーを勝ったマカヒキに騎乗した川田将雅ジョッキーのコメントを冒頭で紹介しましたが、レース内容のコメントとして『なかなか前が開かなかったんですが、それが勝ちに繋がったと思ってます。早く開いたらそのスペースを取りにいかざるを得ないので、そうなるとゴール前はもっと苦しくなったと思う。直線で我慢する時間があったからゴールの8cmの差に繋がったと思ってます。』と話してます。

 

《参考レース》2016年5月29日 日本ダービー
※勝ったマカヒキは3号馬です。

 

もちろん、ダービーを勝つには能力がないと厳しいですが、それと同じくらい『運』も必要だという事が伝わってきますね。

 

それではダービーの好走データの確認です。

 

☆ 単勝上位人気馬が優勢
◎ 優勝馬は『①枠~③枠』に集中
◎ 皐月賞で『4着以内か4番人気以内』の実績

 

過去10年の日本ダービーを制した馬は単勝人気に応える傾向が強く、2010年に7番人気で優勝したエイシンフラッシュを除くと、毎年単勝3番人気以内に推された馬が勝っている事が分かりました。

 

単勝人気 成績 勝率 連対率 ③着内率
1番人気 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
3番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0%
4番人気 0-0-1-9        0%        0% 10.0%
5番人気 0-4-0-6        0% 40.0% 40.0%
6、7番人気 1-0-2-17    5.0%    5.0% 15.0%
8、9番人気 0-0-3-17        0%        0% 15.0%
10~12番人気 0-2-1-27        0%    6.7% 10.0%
13番人気以下 0-1-0-57        0%    1.7%    1.7%

 

当日3番人気以内に支持された馬は、③着内率でも非常に高い数値が出ており、軸馬にするのは素直に上位人気馬から選んだ方が良さそうです。

②着には10番人気以下だった馬が3頭食い込み、③着には6~12番人気の馬が6頭入っていますので、紐荒れの可能性はある事も忘れてはいけないポイントです。

 

そして、過去10年の枠番別成績を調べると、優勝馬10頭中5頭は『1枠』の馬が勝っており、さらに優勝馬10頭中8頭は『1~3枠』に集中している事が分かりました。

 

枠番 成績 勝率 連対率 ③着内率
1枠 5-2-1-12 25.0% 35.0% 40.0%
2枠 2-0-3-15 10.0% 10.0% 25.0%
3枠 1-0-0-19    5.0%    5.0%    5.0%
4枠 0-3-2-14        0% 15.8% 26.3%
5枠 1-1-1-17    5.0% 10.0% 15.0%
6枠 0-2-1-17        0% 10.0% 15.0%
7枠 1-1-2-26    3.3%    6.7% 13.3%
8枠 0-1-0-28        0%    3.4%    3.4%

 

昨年のダービーを勝ったマカヒキも②枠3番でした。

②着となった馬は10頭中8頭が『4~8枠』の馬となっているのが興味深く、これは①着②着を内枠の馬だけで固定して購入することはオススメ出来ないということです。

昨年は勝ったマカヒキが3番で3番人気だったのに対し、1番には1番人気で皐月賞の勝ち馬ディーマジャスティがいましたが、結果は1番ディーマジャスティは③着で②着には8番だったサトノダイヤモンドが入りました。

上位人気馬が内枠を占めても、内枠だけで馬券を組み立てることはやめましょう。

 

昨年は皐月賞の勝ち馬ディーマジャスティは③着でしたが、皐月賞での着順と単勝人気は予想をする上で非常に重要なポイントです。

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、③着以内馬を最も多く送り出しているのは『皐月賞組』で、日本ダービーで③着以内に入った馬の大半は、皐月賞で『④着以内』もしくは『④番人気以内』でした。

 

皐月賞での着順 成績 勝率 連対率 ③着内率
①着 2-1-2-4 22.2% 33.3% 55.6%
②着 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
③着 2-1-0-5 25.0% 37.5% 37.5%
④着 1-1-1-5 12.5% 25.0% 37.5%
⑤着 0-0-0-5        0%        0%       0%
⑥~⑨着 0-1-1-10        0%    8.3% 16.7%
⑩着以下 1-1-1-24    3.7%    7.4% 11.1%
皐月賞での単勝人気 成績 勝率 連対率 ③着内率
1番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
2番人気 0-4-0-5        0% 44.4% 44.4%
3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
5~9番人気 0-0-1-16        0%        0%    5.9%
10番人気以下 1-0-0-25    3.8%    3.8%    3.8%

 

《参考レース》2017年4月16日 皐月賞

 

この皐月賞で④着以内だった馬を確認です。

①着 アルアイン    松山弘平      9番人気
②着 ペルシアンナイト M、デムーロ       4番人気
③着 ダンビュライト  武豊     12番人気
④着 クリンチャー   藤岡佑介   13番人気

3連単の配当が100万を超える大荒れの決着となった皐月賞でしたが、上位馬は非常に強い競馬で結果を出しました。

勝ったアルアインのタイム1,57,8はレコードタイムだった事もその証明ですが、12番人気と超人気薄だったダンビュライトも坂を登ってからの伸びが素晴らしく、距離を延長した事がプラスに働いたと陣営がコメントしているように、ダービーでも注目の1頭です。

皐月賞の人気も確認しておきましょう。

1番人気 2.4倍 ファンディーナ   岩田康成
2番人気 7.0倍 スワーヴリチャード 四位洋文
3番人気 7.2倍 カデナ       福永祐一
4番人気 8.1倍 ペルシアンナイト  M、デムーロ

 

ペルシアンナイトは上記の条件のどちらにも該当している事から、非常に注目の1頭と言えます。

 

オーナーブリーダーで岡田スタッドの代表岡田牧雄さんは、某雑誌のコラムで皐月賞のパドック時に『ペルシアンナイトに勝たれちゃうと思った』と語っております。

今年の2月に行われたアーリントンCの勝ち馬で、切れ味が物凄く、ハービンジャー産駒特有の馬体の緩さが見られない事がかなり評価されている1頭です。

 

《参考レース》2017年2月25日 アーリントンC

 

ラスト200mくらいの地点で鞍上のM、デムーロが場内モニターで後続を確認する余裕がある程の楽勝でした。

皐月賞を勝ったアルアインと同じ池江泰寿厩舎の1頭で、ダービーではこれまでのM、デムーロジョッキーではなく、3年連続でリーディングを獲得している戸崎圭太ジョッキーに乗り替わっての一戦となります。

 

M、デムーロジョッキーが本番のダービーで選んだ馬、アドミラブルにも注目が集まってます。

 

デビュー戦は⑨着と大敗しましたが、敗因は『喉なり』で、喉なり手術を受けて復帰したのが今年の3月の未勝利戦で、そのレースで違う馬に騎乗していたM、デムーロがレース直後に急いで馬名を確認したと言っていたのがアドミラブルです。

3月の未勝利戦を勝ってから3連勝で『青葉賞』を制しダービーへの切符を手にしました。

 

《参考レース》2017年4月29日 青葉賞

 

青葉賞では少し物見をしながらも、昨年のダービーレコードに迫る好タイムで快勝したアドミラブルですが、のびやかなストライドで「速く感じさせないのにタイムが出ている」という感覚は名馬に多く見られる特徴だと騎乗したM、デムーロがコメントしています。

M、デムーロ自身、ダービーは初騎乗だったネオユニヴァースと昨年のドゥラメンテで2勝と好相性!

そして何より自身の弟で日本での騎乗経験もあるクリスチャン・デムーロが出身の母国イタリアで先日イタリアダービーを制覇した事で『次は僕の番だ!』とかなり気合が入っているとの事です。

大一番に強いジョッキーだけに当然中心視したい1頭です。

 

上記で取り上げた馬以外で私が注目している馬をを1頭あげておきます。

下記リンクよりご確認下さい。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

新馬戦の時から高い素質を感じさせていた馬で、重賞でも強い勝ち方で最近絶好調な鞍上がクラシックを意識する馬と語っていた1頭です。

スタートはあまり上手ではなく、後方からのレースが多くなりがちではあるが、前走でも後方から一気に上位に詰め寄っており、使われた上澄みが見込める今回は十分勝ち負けか期待できます。

調教師も前走の内容を『ラストに伸びたし、悲観する内容ではない』とこの馬の実力を再認識したようで、鞍上とともに絶好調な厩舎としても期待が高まります。

 

是非ご確認下さい!!

 

それでは予想を公開致します。

枠順確定後に予想は変更となる場合がございますので、枠順発表後にもご確認下さい。

 

◎  公開馬は【レオデオロ】でした!
○  スワーヴリチャード
▲  ペルシアンナイト
☆  公開馬は【アドミラブル】でした!
△  アルアイン
△  ダンビュライト
△  サトノアーサー
△  カデナ
△  ダイワキャグニー

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて掲載予定です。

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク