門別【2017 北海道スプリントカップ(Jpn3)】予想と穴馬情報

北海道スプリント


どうも、YOROです。

6月8日(木)は、門別で指定交流重賞が行われます。

【2017 北海道スプリントカップ(Jpn3)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

火曜日の『東海ダービー』水曜日の『東京ダービー』と、3歳クラシックの大目標となるダービーが全国各地で行われ、地方競馬ファンとしては嬉しい日々の毎日ですが、8日(木)は久しぶりにJRAとの交流重賞です。

 

この競争は2000年の勝ち馬オースミダイナー以降、16年連続でJRA所属馬が勝っている競走で、今年も有力馬の中心はJRA勢と考えた方が良さそうです。

それでは出走馬の確認です。

 

①ゴットツェッペリン 牡8 56.0 井上幹太
②メイショウノーベル 牡8 56.0 岩橋勇二
③ニシケンモノノフ  牡6 57.0 横山典弘
④トウカイビジョン  牡7 56.0 服部茂史
⑤アウヤンテプイ   牡8 56.0 石川倭
⑥ジャベリン     牡9 56.0 佐々木国明
⑦ゴーイングパワー  牡8 56.0 和田竜二
⑧コールサインゼロ  牡5 56.0 五十嵐冬樹
⑨スノードラゴン   牡9 59.0 大野拓弥
⑩エイシンヒート   牡4 56.0 阿部龍
⑪ケイリンボス    牡6 56.0 佐原秀泰
⑫スザク       牡6 56.0 桑村真明
⑬ウルトラカイザー  牡9 56.0 井上俊彦
⑭ショコラブラン   牡5 56.0 戸崎圭太
⑮ユウユウ      牝5 54.0 松井伸也
⑯シセイカイカ    牡8 56.0 宮崎光行

16頭フルゲートでの開催となりました。

門別で16頭立てをみるのは久しぶりな気がします。

 

JRAからは…

③ニシケンモノノフ  牡6 57.0 横山典弘
⑦ゴーイングパワー  牡8 56.0 和田竜二
⑨スノードラゴン   牡9 59.0 大野拓弥
⑭ショコラブラン   牡5 56.0 戸崎圭太

 

上記の4頭が出走を予定してますが、地方他地区からも2頭の出走があります。

高知 ⑪ケイリンボス    牡6 56.0 佐原秀泰
佐賀 ⑬ウルトラカイザー  牡9 56.0 井上俊彦

 

ウルトラカイザーは佐賀でデビューし、現在も佐賀で走ってる馬ですが、昨年までの約3年間は門別で活躍していた馬で、過去にはホッカイドウ競馬の頂点『道営記念』を制した事もある実績馬です。

ここ2走は佐賀の1400m戦を使われ連勝中で、前走では②着馬に5馬身さを付ける圧勝でした。

 

《参考レース》2017年 九千部山賞オープン

 

今年で9歳馬ですがまだまだ衰えた印象はなく元気一杯ですが、佐賀からの長距離輸送で体重を落としていないかがポイントになりそうです。

 

馬券の中心になるのは当然JRA勢で、中でも北海道スプリントカップへの出走が今年で3回目で、過去2回の成績が2014年②着、2016年③着となっているスノードラゴンに注目しております。

 

2014年の③着だった時は、その後その年のスプリンターズSを制覇し、G1ホースの仲間入りを果たしており、その実績から今回はトップハンデの59.0キロが課せられております。

昨年も今年と同じで59.0キロを背負い③着だった事から、59.0キロはこなせるはずで、問題は相手関係ですが、今年のメンバーだと十分に勝ち負けが期待できる1頭だと考えております。

 

《参考レース》2016年 北海道スプリントカップ

 

あまり時事ネタは好きではありませんが、競馬ではよく父馬や母馬が亡くたった直後には、その産駒は走ると言われております。

弔い合戦を馬が感じて行動に移せるとは思いませんが、最近では今年のフェブラリーSで勝ったゴールドドリームの父ゴールドアリュールが、フェブラリーS前日に心臓疾患により死亡し、その産駒であったゴールドドリームはフェブラリーSを勝ちました。

もちろんたまたまだとは思いますが、スノードラゴンの父アドマイヤコジーンが6日早朝に亡くなっておりますので、無視はできません。

近走の成績や、ハンデ面を理由に人気にならないのであれば積極的に狙って見たい1頭です。

 

人気になりそうなのはニシケンモノノフでしょうか。

 

今年のフェブラリーSで⑤着と好走し、前走の高知で行われた『黒船賞』では人気を裏切り⑤着に敗れた馬で、この馬の注目すべきところは『門別デビュー馬』という事です。

地方生え抜きの競走馬が中央のグレード競走で勝ち負けできるまでに成長する例は少なく、応援している1頭ですが、今回はデビューの地に凱旋しての一戦となります。

門別在籍時には、重賞イノセントカップをレコードタイムで制覇した後にJRAへ移籍されました。

間違いなく門別の馬場は合うはずで、当然期待できる1頭ではないでしょうか。

 

地元、門別勢から注目はアウヤンテプイです。

 

門別では中長距離路線はオヤコダカが圧倒的人気と実力ですが、スプリント路線ではアウヤンテプイが大将格の存在です。

今年で5回目の出走という事で8歳という年齢を感じさせますが、今年の始動戦となった前走を勝利し、1度使われた上澄みが期待できます。

 

《参考レース》2017年ジャスタウェイプレミアム

 

過去4度出走した時の成績は、2013年と2104年は2年連続で④着と馬券圏内まであと一歩のところまで善戦してましたが、ここ2年では2015年が⑤着、2016年は⑥着と段々と着順を落としており、若干の衰えは否めないところでしょうか。

2015年シーズンはマイルまで活躍の幅を広げようとマイルでの出走もありましたが、それが祟ってか2016年シーズンは僅か4戦しか使われませんでした。

今回は立て直され、更に今年初戦を問題なく勝利でここへ使われている事からも、巻き返しの期待が出来る1頭です。

 

それでは今回注目の穴馬を1頭あげておきます。

下記リンクよりご確認下さい。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

最近まで中央のオープン馬として活躍していた馬で、転厩初戦となった前々走では門別スプリント路線の大将格相手にいきなりハナ差の大接戦を演じました。

2戦目となった前走は危なげない勝ちっぷりで勝利し、今回のメンバーだと元々の実績からみてもJRA勢相手に見劣りしない1頭です。

是非ご確認下さい!!

 

それでは予想を公開致します。

 

◎  公開馬は『ニシケンモノノフ』でした!
○  スノードラゴン
▲  ショコラブラン
☆  公開馬は『メイショウノーベル』でした!
△  アウヤンテプイ
△  ゴーイングパワー

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて掲載予定です。

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

中央、地方問わず予想を公開しております。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク