東京【2017 ユニコーンS(G3)】好走データ予想と穴馬情報《参考レース映像あり》

ユニコーンS

どうも、YOROです。

6月18日(日)は、東京競馬場で重賞です。
【2017 ユニコーンS(G3)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

このレースは、ダート適性のある3歳馬が目標とする春の大一番で、今後行われる地方競馬の指定交流重賞競走や、8月の新潟競馬場で行われる『レパードS』に向けてという意味のある一戦です。

昨年の優勝馬ゴールドドリームは、その後大出で行われたジャパンダートダービーで③着と好走し、今年のフェブラリーSを勝ってドバイにも挑戦しました。

 

《参考レース》2016年 ユニコーンS

 

一昨年前の優勝馬ノンコノユメは次走でジャパンダートダービーを優勝し、その後もダートグレード競走の常連として活躍しております。

ダート戦線の今後を展望する意味で見逃せない一戦の傾向を、過去10年のデータからチェックしておきましょう!

 

まずは出走馬の確認です。

 

①シゲルコング    牡3 56.0 木幡巧也
②ハルクンノテソーロ 牡3 56.0 田辺裕信
③ブルベアバブーン  牡3 56.0 酒井学
④リエノテソーロ   牝3 54.0 大野拓弥
⑤サヴィ       牡3 56.0 藤岡佑介
⑥ラユロット     牝3 54.0 杉原誠人
⑦アンティノウス   牡3 56.0 C、ルメール
⑧サンライズノヴァ  牡3 56.0 戸崎圭太
⑨シゲルベンガルトラ 牡3 56.0 横山典弘
⑩サンオークランド  牡3 56.0 北村宏司
⑪タガノカトレア   牝3 54.0 菱田裕二
⑫テイエムヒッタマゲ 牡3 56.0 田中健
⑬ウォーターマーズ  牡3 56.0 高倉稜
⑭トロピカルスパート 牝3 54.0 丸田恭介
⑮サンライズソア   牡3 56.0 岩崎翼
⑯トラネコ      牡3 56.0 吉田豊

上記の16頭が出走を予定しております。

 

圧倒的人気が予想されるリエノテソーロですが、牝馬での制覇は6年前のアイアムアクトレスまで遡らなければ勝ち馬は出ておりません。

 

2歳時には『全日本2歳優駿(G1)』での優勝実績のある馬で、ダート戦では2戦2勝でG1制覇を達成し2ダートを使われるまでは芝で2戦2勝と、2歳時の成績は4戦4勝とパーフェクトな実績を誇ってましたが、今年初戦の『アネモネS』で芝に戻して④着と、ダート適性の方が…ともささやかれましたが、前走のNHKマイルカップで②着と好走しました。

 

《参考レース》2017年 NHKマイルカップ

 

『全日本2歳優駿(G1)』の勝ち馬がユニコーンSに出走してきた馬は過去に5頭おり、そのうち1番人気で全日本2歳優駿を制覇した馬はアグネスデジタルユートピアの2頭だけで、その2頭はユニコーンSを勝っただけではなくダート路線で活躍するまでになっており、1番人気で全日本2歳優駿を制覇したリエノテソーロにも同様の期待が掛かります。

 

《参考レース》2016年 全日本2歳優駿

 

それでは好走データの確認です。

 

☆ 上位人気馬
◎ 外枠勢が成績優勢
○ 前走出走レースに注目

 

まず注目は、当日上位人気に支持される馬です。

 

単勝人気 成績 勝率 連対率 ③着内率
1番人気 5-3-0-2 50.0% 80.0% 80.0%
2番人気 2-4-1-3 20.0% 60.0% 70.0%
3番人気 3-1-3-3 30.0% 40.0% 70.0%
4、5番人気 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
6~8番人気 0-0-6-24 0% 0% 20.0%
9~11番人気 0-1-1-28 0% 3.3% 6.7%
12番人気以下 0-0-0-48 0% 0% 0

 

これは圧倒的なデータで、過去10年のユニコーンS優勝馬は全て単勝3番人気以内で、②着馬も8頭が3番人気以内と、上位人気に支持された馬が人気に応えて好走する可能性が非常に高いです。

ちなみに、1番人気で③着以内に入れなかった馬は過去に2頭いまずが、その2頭はいずれも単勝オッズが1倍台だったので、圧倒的人気をかぶりすぎてしまうとダメみたいです。

 

次に注目は枠順です。

過去10年で枠番別の成績を調べてみると、優勝馬は全て『2~7枠』から出ており、②着馬は10頭中9頭が『4枠』より外に集中、③着馬は『4枠と5枠』を除く内寄りと外寄りの各枠に分かれていました。

 

枠番 成績 勝率 連対率 ③着内率
1枠 0-1-1-17 0% 5.3% 10.5%
2枠 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
3枠 2-0-2-15 10.5% 10.5% 21.1%
4枠 1-3-0-16 5.0% 20.0% 20.0%
5枠 1-2-0-17 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 4-0-1-15 20.0% 20.0% 25.0%
7枠 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
8枠 0-2-2-16 0% 10.0% 20.0%

 

全体的に外目の枠の方が好成績をあげる傾向が強いので、買い目に迷ったら外目の馬を上位に取るといいのかも知れません。

 

前走の出走レースから好走傾向を知る事ができます。

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、G1からユニコーンSに臨んだ馬は17頭いましたが、連対した馬はおらず、③着馬が1頭いるだけと非常に苦戦しています。

 

前走のレース 成績 勝率 連対率 ③着内率
GI・JpnI 0-0-1-16 0% 0% 5.9%
芝のGII・GIII 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
UAEダービー 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
兵庫チャンピオンシップ 3-2-1-5 27.3% 45.5% 54.5%
4月20日以降のダートのオープン特別 5-5-5-36 9.8% 19.6% 29.4%
4月19日以前のダートのオープン特別 0-1-1-6 0% 12.5% 25.0%
芝のオープン特別 0-0-0-11 0% 0% 0%
1000万下 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
500万下 1-1-2-43 2.1% 4.3% 8.5%

 

このデータでは、人気が予想されるリエノテソーロのマイナス情報として公開しますが、逆に最も好相性を示したのは、園田競馬場で行われた兵庫チャンピオンシップから臨んだ馬です。

 

①シゲルコング    牡3 56.0 木幡巧也

 

シゲルコングの1頭が該当する事になりますが、このシゲルコングリエノテソーロが勝った全日本2歳優駿(G1)で②着となった実績のある馬です。

その後は、なかなか勝ち負けに加われず、厳しい競馬が続いておりますが、データを信頼して買い目に加える事をオススメします。

 

その他では、4月20日以降に行われたダートのオープン特別から臨んだ馬は過去10年で5頭が優勝しております。

この条件に該当するのは…

 

②ハルクンノテソーロ 牡3 56.0 田辺裕信
③ブルベアバブーン  牡3 56.0 酒井学
⑧サンライズノヴァ  牡3 56.0 戸崎圭太
⑨シゲルベンガルトラ 牡3 56.0 横山典弘
⑪タガノカトレア   牝3 54.0 菱田裕二
⑬ウォーターマーズ  牡3 56.0 高倉稜
⑭トロピカルスパート 牝3 54.0 丸田恭介
⑮サンライズソア   牡3 56.0 岩崎翼

上記の8頭と意外に多かったですね。

 

8頭中4頭が出走していたのが、5月に行われた『青竜S』でした。

 

《参考レース》2017年 青竜S

 

今回と同じ東京ダート1600mで行われた競走で、このレースを勝ったサンライズソアも出走を予定しております。

 

デビュー戦は芝で使われ、スプリングSで②着と好走し、皐月賞とNHKマイルカップにも出走したアウトライアーズを破って勝利すると、その後は芝で成績が伸び悩みダートを使うとダートでは2戦2勝とまだまだ底を見せていない1頭です。

青竜Sの時の馬場状況は『重』で、4走前のダート戦も『やや重』でしたので、脚抜きのいい馬場がハマった可能性もある事は考えなければいけません。

馬場状況次第では、強気で狙う事だけは避けたい1頭です。

 

それでは予想を公開致します。

 

◎『人気ブログランキング』で注目馬公開!
○ リエノテソーロ
▲ シゲルベンガルトラ
☆『人気ブログランキング』で注目馬公開!
△ ハルクンノテソーロ
△ ブルベアバブーン
△ ウォーターマーズ
△ サンライズソア
注 シゲルコング

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて掲載予定です。

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

中央、地方問わず予想を公開しております。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク