【ばんえい競馬】帯広競馬場+とかちむら 道東観光スポット紹介

ばんえい競馬

どうも、YOROです。

今回は私の地元にある競馬場
【ばんえい十勝】帯広競馬場を紹介します。

ばんえい競馬

ばんえい競馬は世界で唯一ここだけで開催されてます。

 

ばんえい競馬と言えばソリを引く事で有名ですね。

ばんえい競馬

このソリだけでも相当な重さですが、ばんえい競馬最大のビッグレース『ばんえい記念』では牡馬は1トンのソリを引くことになります。

ばんえい競馬

サンタクロースが乗っているソリみたいですよね!笑

ソリの後ろに騎手が乗ってるイメージ写真が飾られてますが、ソリ前方の網状になってる部分に乗り、ソリ後方部分に重りを載せて斤量を調節しています。

これを引っ張る馬もかなりの大きさと迫力なんです!

ばんえい競馬

大きな馬だと1200キロ以上の馬体重になります。

サイとかゾウにも近いような迫力で、
鼻息もスゴイんです!

 

通常の競馬では前走との体重差を示す馬体重の増減がレース前に発表され、無視できない予想要素ですが、ばんえい競馬でも前走との体重差が発表されます。

通常の競馬だと10キロ近く差があれば不安要素として割引の対象にする事も多いと思いますが、ばんえい競馬では10キロ差なんて当たり前で、体重差が激しい馬だと50キロ以上の差で出走してきます。笑

私の経験では馬体重が大幅に増えて出てきた馬は体調がいい証拠なのか、人気薄でも激走する事が多いように感じますので、大幅に馬体重を増やしてきた馬は積極的に狙ってみて下さい!

 

ばんえい競馬はただソリを引くだけではありません。

ばんえい競馬

そうです、坂が障害としてあります。

高さ1,6mの坂を登る事になりますが、この障害を得意とする馬や苦手な馬、気まぐれで登る馬など様々ですが、やはり先行して坂を早く登った馬が有利ですので、障害通過タイムを新聞などで確認して予想してみて下さい。

 

今回紹介したいのは競馬とは違う部分です。

競馬は土日月の3日間開催ですが、
平日でも楽しめる場所が帯広競馬場内にはあります。

とかちむら

この『とかちむら』ですが、
競馬開催日以外でも営業してます。

競馬場の敷地内にあるので駐車場に車を止めて、
徒歩で1~2分の距離です。

 

とかちむら

©tokachimura.jp/

地元十勝で取れる野菜の直売所があったり

とかちむら

©tokachimura.jp/

毎週金曜日にはスイーツバイキングを開催する
レストランなどもあります。

 

あと、競馬をする予定がある方にはコチラ

ばんえい競馬

『十勝輓馬神社』です。

img_1764

おみくじも用意されてます。

今日は競馬での勝負に向いているかどうか
占ってみましょう!

他にもカフェやラーメン屋、
帯広名物の豚丼屋などもあります。

 

ばん馬について興味がわいたらこんな施設もあります。

ばんえい競馬

北海道、十勝の開拓には馬が活躍し、
当時馬は家族だった様です。
そんな開拓当時の事が学べる資料館です。

 

観光で来ててもやっぱり少しは競馬もやりたい!
と、いう方はオススメの場所があります。

ばんえい競馬

©banei-keiba.or.jp

競馬場最上階に『プレミアムラウンジ』があります。

ここからは競馬コースが一望できるだけではなく、馬券の専用購入窓口や払戻窓口がある他、ソファー席やオープンデッキ席などもあり、かなり優雅に競馬が楽しまます

通常の馬券購入窓口の画像がコチラ

ばんえい競馬

一気に昭和な世界へとタイムスリップ!!笑

 

女性の方は落ち着かない空間かも知れません。

『プレミアムラウンジ』は高級感ある空間ですが、
実は500円で入場することが可能なんです!
500円くらい競馬で稼いでチャラにしましょう!笑

私はよくここで競馬をします(^^)

 

あと、お子様連れでも楽しめる場所が
最近リニューアルしました!

ばんえい競馬

『ふれあい動物園』です。

競馬開催日は10:00~17:00
水曜~金曜は11:00~15:00

競馬開催日以外でも開園してるのはいいですよね!

ここではばん馬にニンジンをあげる事ができますので、大きな馬と触れ合える機会はそうそうありませんのでいい思い出になるかと思います。

ばんえい競馬

トラックコースでの乗馬もできるみたいです。

 

どうでしょうか?
帯広競馬場の良さが少しは伝わったでしょうか?

最近では全国どこの競馬場でも観光地化が進んでおり、女性でも楽しめるような工夫が施され、ギャンブル一色なイメージとは変わってきてます。

ここ帯広競馬場も例外ではありません。

 

北海道観光の際は是非、帯広競馬場に遊びに来てみて下さい!

では。

スポンサーリンク