福島【2017 ラジオNIKKEI賞(G3)】好走データ予想と穴馬情報

ラジオNIKKEI賞

どうも、YOROです。

今年も半分が過ぎ、今週末の競馬開催からはいよいよ夏開催の本格スタートで、7月2日(日)に行われる重賞もローカル開催となります。

【2017 ラジオNIKKEI賞(G3)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

まず初めに、先日は牧場見学という事で北海道新冠町にある『ビッグレットファーム』へ行ってきました!

 

コチラ→【ビッグレットファームへ行ってきた!】
※ここからリンクで記事に飛べます!

 

私は北海道在住ですのでいつでも行けますが、これから北海道は競馬もそうですが観光シーズンに入りますので、北海道に来られる方は牧場見学も1つの楽しみ方だと思いますので、是非参考にしてみて下さい!

 

それでは予想記事に参ります。

 

『ラジオNIKKEI賞(G3)』は、夏の福島開催を彩る3歳重賞として親しまれ、2006年からは負担重量が別定からハンデキャップに変更されたハンデキャップ競走です。

ハンデ戦ではありますが、実際に軽ハンデ馬が勝ったのは2007年に52kgで勝ったロックドゥカンブと、2008年に53kgで勝ったレオマイスターだけで、それ以後はハンデ54kg以上の馬が勝利を収めているレースです。

 

昨年もディープインパクト産駒のゼーヴィントが54キロで制覇し、1番人気に応えての勝利でした。

 

今年もハンデに注目しながら予想を行いたいと思います。

 

まずは出走馬の確認です。

 

①ロードリベラル   牡3 53.0 吉田隼人
②グランドボヌール  牡3 50.0 木幡巧也
③ニシノアップルパイ 牡3 54.0 吉田豊
④マイネルスフェーン 牡3 56.0 柴田大知
⑤ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田恭介
⑥サトノクロニクル  牡3 57.0 川田将雅
⑦ウインガナドル   牡3 53.0 津村明秀
⑧ビービーガウディ  牡3 53.0 内田博幸
⑨バルベーラ     牝3 51.0 秋山真一郎
⑩マイブルーヘブン  牡3 51.0 難波 剛健
⑪セダブリランテス  牡3 54.0 石川裕紀人
⑫クリアザトラック  牡3 56.0 田辺裕信

上記の12頭が出走を予定しております。

 

注目はサトノクロニクルでしょうか。

 

日本ダービーへは収得賞金不足で出走できなかったが、同週のオープン特別『白百合S』を制して2勝目をあげました。

ここまで5戦して2勝②着3回の成績を残しており、潜在能力の高さは間違いないが、跳びの大きさや、仕掛けてからの反応の鈍さなどがまだ目立つだけに、今回は小回りコースへの対応が鍵になりそうです。

 

それでは好走データの確認です

 

☆ 重賞を除いた直近のレースで3番人気以内
◎ 前走が『東京か京都の芝コース』だった馬
▲ ③着内率トップは後方からレースをした馬

 

過去10年の出走馬で、重賞以外で出走した直近のレースでの単勝人気別に成績を比べると、優勝馬10頭は全て重賞を除いた直近のレースで3番人気以内に支持されていた事が分かりました。

 

単勝人気 成績 勝率 連対率 ③着内率
1番人気 5-2-5-27 12.8% 17.9% 30.8%
2番人気 2-1-1-21 8.0% 12.0% 16.0%
3番人気 3-0-1-14 16.7% 16.7% 22.2%
4番人気 0-2-0-9 0% 18.2% 18.2%
5番人気 0-0-0-15 0% 0% 0%
6~9番人気 0-3-3-28 0% 8.8% 17.6%
10番人気以下 0-2-0-13 0% 13.3% 13.3%

 

連対率・3着内率では『5番人気組』を除く各組の間に大きな差はついていないが、勝ち馬だけを見れば重賞を除いた直近のレースで上位人気に支持された馬が好走している様です。

この条件を見ただけだと対象馬が多くいそうに感じますが、実際に調べてみると、前走重賞以外で3番人気以内に支持されていた馬は…

 

⑥サトノクロニクル  牡3 57.0 川田将雅
⑪セダブリランテス  牡3 54.0 石川裕紀人
⑫クリアザトラック  牡3 56.0 田辺裕信

 

この3頭しかいませんでした。

この3頭馬は馬券から外せない注目馬です。

 

そして、過去10年の出走馬で前走の競馬場と条件別に成績を調べると、前走で『東京か京都の芝コース』に出走していた馬の成績が上位となっていました。

 

競馬場と条件 成績 勝率 連対率 ③着内率
東京・芝1800m以下 3-3-6-41 5.7% 11.3% 22.6%
東京・芝2000m以上 5-3-2-24 14.7% 23.5% 29.4%
京都・芝コース 1-3-1-18 4.3% 17.4% 21.7%
その他の競馬場の芝コース 1-1-1-36 2.6% 5.1% 7.7%
ダートのレース 0-0-0-8 0% 0% 0%

 

中でも、前走が『東京の芝コース』で、距離が『2000m以上』だった馬が上位の成績を残しており、先のデータで該当した馬は、この条件に該当できませんでした。

ここで該当したのが…

 

③ニシノアップルパイ 牡3 54.0 吉田豊
④マイネルスフェーン 牡3 56.0 柴田大知
⑦ウインガナドル   牡3 53.0 津村明秀
⑧ビービーガウディ  牡3 53.0 内田博幸

 

この4頭で、マイネルスフェーンはダービー⑯着から巻き返しが期待される1頭です。

 

2歳時はレースを使われるごとにパフォーマンスを上げ、デビュー7戦目のホープフルSでは今年のダービー馬レイデオロから0.2秒差の②着に好走し、続く京成杯は直線入り口で馬群が密集して追いづらくなるシーンがありながらも、ゴール前は際立つ末脚を見せて③着まで追い上げました。

使い込んで良くなる馬かどうかはまだハッキリと分かりませんが、凡走したここ2戦は休み明けとダービーの2戦なので、ここで巻き返しても全く驚けない馬ではあります。

 

上記で名前のあがった馬を中心に馬券を購入する事をオススメします。

 

それでは予想を公開致します。

 

◎ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
 サトノクロニクル
▲ マイネルスフェーン
☆ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
△ ニシノアップルパイ
△ ウインガナドル
△ ビービーガウディ
△ ライジングリーズン

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて注目の対抗馬、馬名掲載しておりす!

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク