大井【2017 ジャパンダートダービー(Jpn1)】予想と穴馬情報

羽田盃

どうも、YOROです。

7月12日(水)は、大井競馬場で3歳ダートチャンピオンを決定する一戦が行われます。

【2017 ジャパンダートダービー(Jpn1)】の予想と穴馬情報の公開を行いたいと思います。

 

今年は14頭での競争となりますが、半数の7頭をJRA勢が占めるメンバー構成で、近年では6年連続でJRA所属馬が優勝し、地方馬では7年前に戸崎騎手騎乗で勝利したマグニフィカまで遡らなければ勝ち馬は出ておりません。

 

ちなみに、昨年はキョウエイギアが勝利しましたが、その時の鞍上も戸崎騎手で、今年も上位人気が予想される実力馬に騎乗予定です。

私の記憶が正しければ、昨年優勝したキョウエイギアの馬主田中晴夫さんは、レース当日が誕生日だったはずで、完全なヤリとして分厚く仕留めた思い出深いレースです。

 

今年もしっかりと的中させたいところです。

 

まずは出走馬の確認です。

 

①サヴァアルジャン  (浦和) 町田直希
②ローズプリンスダム (JRA) 大野拓弥
③タガノディグオ   (JRA) 川島信二
④ヒガシウィルウィン (船橋) 本田正重
⑤キャッスルクラウン (船橋) 吉原寛人
⑥キャプテンキング  (大井) 矢野貴之
⑦シゲルコング    (JRA) 内田博幸
⑧サンライズソア   (JRA) 川田将雅
⑨サンタンパ     (愛知) 大畑雅章
⑩リゾネーター    (JRA) 木幡巧也
⑪ブラウンレガート  (大井) 的場文男
⑫サンライズノヴァ  (JRA) 戸崎圭太
⑬サザンオールスター (愛知) 岡部誠
⑭ノーブルサターン  (JRA) 鮫島良太

上記の14頭での競争となります。

 

昨年優勝した戸崎騎手は今年、サンライズノヴァに騎乗予定となっており、前日発売の段階では1番人気に支持されておりました。

 

そんなサンライズノヴァですが、前走ではユニコーンSを勝って重賞初勝利となりましたが、その時後続に付けた着差0.7秒は素直に評価できる強さで、5月に園田で行われた『兵庫チャンピオンシップ』を勝ったタガノディグオにも勝った実績から、当然勝ち負けが期待できる1頭です。

 

タガノディグオですが、これまでダート9戦全てで馬券に絡む堅実っぷりで、前走の園田の交流重賞でもいい切れ味を発揮し、関東オークスを勝ったクイーンマンボやG1で②着の実績もあるシゲルコング、3戦無敗で圧倒的人気だったリゾネーターらを負かしている事はかなり評価できます。

走法や体形からは距離延長はプラス評価できそうな事も期待できそうなポイントです。

 

今年の東京ダービー馬ヒガシウィルウィンは陣営が勝負できると太鼓判を押しております。

 

能力は相当で、これまで13戦12連対の安定度は抜群。

前走では6馬身後続を突き放して負かしたキャプテンキングは元々JRAで走っていた実績のある馬で、ベルモントSこそ回避してしましましたが、現3歳世代では抜けた能力の持ち主であろうエピカリスに0.5秒差まで迫った実績もある馬だっただけに、この馬を推し量る材料としても文句なしです。

不安なのは父サウスヴィグラスという部分で、東京ダービーを勝っている実績から不安がない様にも感じますが、JRA勢との競争だとこれまで以上に適性が求められる事にはなりそうです。

また、森泰斗騎手から本田正重騎手への乗り変わりも心配で、軸には強く推せない材料です。

 

それでは予想を公開致します。

 

◎ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
 タガノディグオ
▲ サンライズソア
☆ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
△ ローズプリンスダム
△ リゾネーター
△ ヒガシウィルウィン

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて注目の対抗馬、馬名掲載しておりす!

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク