中山【2017 ステイヤーズS(G2)】好走データ予想と穴馬情報

ステイヤーズS

どうも、YOROです。

 

12月2日(土)は【2017 ステイヤーズS(G2)】です。

 

日本国内の平地競走で最も長い距離で行われるのが『ステイヤーズS』で、馬場を丸2周しコーナーを8回まわる特殊な条件は、各ジョッキーの駆け引きにも大注目な一戦となっております。

今年は特に注目の一戦で、この競争を2年連続で勝っているアルバートが3連覇できるかにも注目が集まります。

アルバートは今年同じくJRAで施行される長距離重賞『ダイヤモンドS』を勝っており、芝3000m以上の重賞を3勝している現役屈指の長距離馬で、前走アルゼンチン共和国杯④着からの巻き返しを狙います。

鞍上も3年連続R、ムーアで期待は高まりますね。

 

それでは出走馬の確認です。

 

 

アルバートと並び、芝の長距離戦線で活躍する馬がもう1頭いますね。

 

フェイムゲームです。

 

7歳馬となった今年も、目黒記念を勝つなど衰えをみせていないフェイムゲームですが、この馬も芝の長距離巧者で重賞5勝の実績はアルバート以上です。

前走は休み明けで久々の輸送が影響したことが大敗の理由としてあげられ、距離や展開もこの馬には合わなかったという見方が妥当かも知れません。

そして最大の魅力は、先日のジャパンCをシュヴァルグランで制し、今年のワールドベストジョッキーに選出されたH、ボウマンが騎乗する事でしょうか。

意外にも3600mのこのレースは初参戦ですが、期待の方が大きい1頭ではないでしょうか。

 

アルバートとフェイムゲームの2頭が人気するでしょうが、そこに割って入る馬を探す予想として過去の好走データを検証してみましょう!

 

☆栗東所属馬が優勢
◎単勝オッズ「3.0~3.9倍」の馬が③着内率100%
◎2走前までの京都実績

 

過去10年の出走馬をみると、美浦栗東それぞれの所属馬がほぼ同じような割合で出走しているが、勝率、連対率、③着内率ともに関西馬が上回っている事が分かりました。

所属 成績 勝率 連対率 ③着内率
美浦 4-2-3-68 5.2% 7.8% 11.7%
栗東 6-8-7-50 8.5% 19.7% 29.6%

大変なことに、アルバートフェイムゲームの2頭は美浦所属馬で、次いで人気が予想されるプレストウィックシルクドリーマーも美浦の所属です。

人気馬には不都合なデータですが、所属騎手実績をみるとまた見方が変わります。

所属 成績 勝率 連対率 ③着内率
美浦 7-7-8-91 6.2% 12.4% 19.5%
栗東 0-3-2-15 0% 15.0% 25.0%
外国人騎手 3-0-0-12 20.0% 20.0% 20.0%

過去10年の実績どころか、栗東所属の騎手が最後に優勝したのは1997年に河内洋騎手が騎乗したメジロブライトの優勝が最後となっています。

③着内までの実績ではトップの数値ですので、あくまで穴狙いの紐馬程度の評価で良さそうですが、勝率トップはやはり外国人騎手ですね。

このことからも外国人騎手が騎乗するアルバートフェイムゲーム、シュミノー騎乗のプレストウィックまでは馬券から外せない人気馬という事になりそうです。

 

過去10年の優勝馬10頭のうち8頭が単勝オッズが15倍未満で、中でも「3.0~3.9倍」の馬が③着内率100%という点に注目です。

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 ③着内率
2.9倍以下 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0%
3.0~3.9倍 2-1-2-0 40.0% 60.0% 100%
4.0~6.9倍 1-1-3-12 5.9% 11.8% 29.4%
7.0~9.9倍 1-4-1-10 6.3% 31.3% 37.5%
10.0~14.9倍 2-1-0-10 15.4% 23.1% 23.1%
15.0~19.9倍 0-2-1-6 0% 22.2% 33.3%
20倍以上 2-1-3-77 2.4% 3.6% 7.2%

上位人気馬が強い事が分かるデータではありますが、逆に「2.9倍以下」の支持を集めた馬が3着内率40.0%といまひとつの成績になっている事は見過ごせません。

今年はアルバートが抜けた人気になる事が予想されますので、データ派の方は人気のアルバートよりも3倍台のオッズで落ち着く馬を軸にしてみる方が良さそうです。

 

また、京都実績ですが、ステイヤーズSの開催は中山ですが、データ上では2走前までの京都実績が重要である事が分かりました。

過去10年のステイヤーズSでは、「2走前までに京都競馬場の重賞で⑩着以内、または前走で京都競馬場の条件クラスのレースを優勝」という馬が2010年を除き連対しています。

年度 着順 馬名 該当レース
2007年 1着 マキハタサイボーグ 2走前 京都大賞典 7着
2008年 2着 フローテーション 前走 菊花賞 2着
2009年 1着 フォゲッタブル 前走 菊花賞 2着
2011年 1着 マイネルキッツ 前走 京都大賞典 7着
2012年 1着 トウカイトリック 2走前 天皇賞(春) 8着
2013年 1着 デスペラード 2走前 京都大賞典 10着
2014年 1着 デスペラード 2走前 京都大賞典 8着
2015年 1着 アルバート 前走 比叡S(1600万下) 1着
2016年 1着 アルバート 2走前 天皇賞(春) 6着
2着 ファタモルガーナ 前走 京都大賞典 9着

この条件に該当する馬は…

・フェイムゲーム  京都大賞典 ⑩着

唯一の該当馬がフェイムゲームでした。

 

それでは予想を公開致します。

予想は下記でご確認下さい。

 

 

◎ フェイムゲーム
○ アルバート
▲ プレストウィック
☆ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
△ シルクドリーマー
△ プロレタリアト
△ シホウ

 

穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて注目の対抗馬、馬名掲載しておりす!

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク