阪神【2017 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)】好走データ予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

 

12月10日(日)は、阪神競馬場で2歳牝馬チャンピオン決定戦【阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)】が行われます。

 

来年のクラシックを占ううえで非常に重要なレースで、昨年は今年のオークス馬ソウルスターリングが優勝し、一昨年前はメジャーエンブレムが翌年のNHKマイルカップを制覇しました。

それ以前にもウオッカトールポピーブエナビスタアパパネなど、多くの活躍馬がここを勝って大成したように、今年の勝ち馬にも同様の期待が掛かります。

来年のG1戦線にも繋がっていく重要な一戦ですので、過去の好走データを元に予想していきたいと思います。



まずは出走馬の確認です。

 

 

注目はなんと言ってもロックディスタウンでしょうか。

 

新潟でのデビュー後、札幌2歳S出走の為に長距離輸送となった一戦でも、輸送の影響を感じさせない仕上がりで人気に応え勝利し、2戦2勝でここへ出走となります。

関西圏での競馬は初ですが、既に長距離輸送を克服している点は大きなセールスポイントで、このレースで2年連続勝っている鞍上のC、ルメール騎手も間違いなくプラス要素です。

今年初年度産駒なるオルフェーヴルの産駒で、初年度からいきなりG1馬を輩出出来るのか注目です。

 

そしてもう1頭、注目はラッキーライラック

 

先に紹介したロックディスタウン同様、オルフェーヴル産駒で馬主も同じサンデーR所有の期待馬です。

前走は、トライアル競走の王道アルテミスSを勝って、この馬も2戦2勝での出走です。

栗東所属馬でありながら、地元関西圏でのレースは今回が初めてですが、それもこの馬に対する期待の表れで、先々を見据えてのチャレンジも軽々クリアしての2戦2勝は高く評価できます。

 

もう1つのトライアル競走ファンタジーSからは2戦2勝のベルーガにも注目が集まりましたが、直前に骨折が判明したことで出走回避となりました。

余裕残しでの出走となった新馬戦も楽にクリアすると、2戦目となったファンタジーSでは6キロ馬体重を絞り、シャープな馬体で出走馬中唯一33秒台の末脚で突き抜けた事からも、楽しみな1頭だっただけに非常に残念です。

 

事前想定オッズか評価が高いのはソシアルクラブ

 

キャリア1戦で9/12の抽選を突破して出走が確定した馬ですが、母はあの名牝ブエナビスタという血統で、母の半妹ジョワドヴィーヴルも、今回ソシアルクラブの手綱を取る福永騎手の手綱で、11年阪神JFを制しています。

祖母ビワハイジから受け継がれる名牝の血統で、母子3代制覇へソシアルクラブが第1関門を突破を目指します。

 

それでは好走データの公開を行います。

 

☆1600m以上の距離での優勝実績
◎1400m以上の重賞での③着内実績
☆④着以下に敗れた事がある馬は割引
◎東京か中山競馬場での③着内実績

 

まず、非常に重要なのは過去10年の③着以内馬30頭中24頭が、JRAの1600m以上のレースで優勝経験がある馬だったという事です。

優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 ③着内率
あり 10-8-6-58 12.2% 22.0% 29.3%
なし 0-2-4-92 0% 2.0% 6.1%

JRAの1600m以上のレースで優勝経験がなかったにも関わらず、③着以内に入った6頭はいずれも『東京もしくは京都競馬場で行われた500万下から上のクラスの1400mのレース』で、③着以内に入った経験がある馬でした。

どちらの条件のレースでもこれといった実績のない馬は苦戦する可能性が非常に高いです。

 

そして更に、過去10年の③着以内馬30頭中16頭は『JRAの1400m以上の重賞』において③着以内に入った経験のある馬でした。

経験の有無 成績 勝率 連対率 ③着内率
あり 4-7-5-32 8.3% 22.9% 33.3%
なし 6-3-5-118 4.5% 6.8% 10.6%

既に1600m前後の重賞で優勝争いに絡んだことがある馬は高く評価するべきでしょう。

この条件に該当するのは…

・サヤカチャン     松岡正海
・ラテュロス      北村友一
・ラッキーライラック  石橋脩
・コーディエライト   和田竜二
・ロックディスタウン  C、ルメール

上記の5頭は、無条件で馬券に組み込む事をお薦めする馬です。

 

ここからは出走馬を篩いにかけます。

 

過去10年の③着以内馬30頭中26頭は、JRAのレースで『④着以下』に敗れた経験がない馬でした。

経験の有無 成績 勝率 連対率 ③着内率
あり 0-3-1-100 0% 2.9% 3.8%
なし 10-7-9-50 13.2% 22.4% 34.2%

④着以下に敗れた経験があった馬は、③着内率3.8%と苦戦している事から、『④着以下』に敗れた経験がある馬は評価を下げたほうが良さそうです。

デビューからの実績で、④着以下の着順がない馬は…

・ラテュロス      松岡正海
・グリエルマ      小牧太
・マウレア       戸崎圭太
・マドモアゼル     松田大作
・リリーノーブル    川田将雅
・ラッキーライラック  石橋脩
・ソシアルクラブ    福永祐一
・ナディア       四位洋文
・モルトアレグロ    吉田隼人
・コーディエライト   和田竜二
・ロックディスタウン  C、ルメール

上記の11頭は④着以下の着順がない馬です。

そして、更に黄色で分けた馬は『東京もしくは中山競馬場のレースで③着以内に入った実績』がある馬で、過去10年の3着以内馬30頭中17頭にこの条件が該当しました。

上記のデータから予想を公開致します。



◎ ラッキーライラック
○ リリーノーブル
▲ ロックディスタウン
☆ 『人気ブログランキング』にて馬名公開!
△ ラテュロス
△ マウレア
△ トーセンブレス
△ コーディエライト

 

穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて注目の対抗馬、馬名掲載しておりす!

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15点です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

【記事をもっとみる】からブログ公開記事の予想以外にも中央、地方問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

スポンサーリンク