園田【2017 兵庫ゴールドトロフィー(Jpn3)】予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

兵庫ゴールドトロフィー
(Jpn3)

12月27日(水)は園田競馬場でJRAとの指定交流重賞が行われますので、予想を公開したいと思います。

 

昨年の勝ち馬ニシケンモノノフは、その後今年のJBCスプリントを制するなどの活躍をしております。
今年の勝ち馬にも同様の期待がかかる一戦だけに非常に重要です。

 

【YOROの予想公開】

 

◎『人気ブログランキング』で公開
◯ レーザーバレッド
▲ ラブバレッド
☆『最強競馬ブログランキング』で公開
△ オヤコダカ
△ ドリームバレンチノ
△ グレイスフルリープ

 

注目の本命馬と穴馬はランキングで公開中!!

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

  

※ランキングサイトの当ブログ説明欄に記載してます。

 

【コースの特徴】

 

園田競馬場

©oddspark.com/

 

園田1400mの条件は、園田競馬でも最もポピュラーな施行条件で、4コーナー奥のポケットからの発走となるため、最初のコーナーまでの距離も長く、枠順による有利不利の少ない条件です。

しかし展開面を考えると、地方の小回りコースですのでインを上手に立ち回る逃げ・先行馬はやはり有利で、スタート後からの先手争いはかなり激しくなり、内枠でスタート失敗すると外からの馬に被され、後方に置かれてしまう事になりますので、スタートに難がある馬や、差し・追い込み馬、または奇数番の馬には注意が必要と言えるかも知れません。

 

JRAからは4頭の出走となり、どの馬も斤量が57キロ以上と非常に厳しい斤量を背負う事になりましたが、中でも来年11歳馬となるドリームバレンチノが59.5キロのトップハンデとなりました。

来年には11歳となるドリームバレンチノですが、この馬の同期にはローズキングダムルーラーシップがいる世代で、それぞれ産駒が活躍する中でドリームバレンチノはまだ現役を続けております。

10歳馬に59.5キロの斤量は酷ですが、この馬は斤量の影響をあまり受けることなく走れる馬で、昨年と一昨年前にもこのレースに出走し、今回と同じ59.5キロのハンデに泣かされることなく、2年連続②着と連帯している実績馬です。

 

今年の注目は、2015年7月のプロキオンSから13戦連続騎乗していた岩田騎手から松山騎手へ乗り替わる事で、今でこそ岩田騎手が主戦ジョッキーのイメージですが、岩田騎手になる前には松山騎手がデビュー戦を含め、合計23戦で騎乗するなど元祖主戦だった過去があります。

2013年のスプリンターズS以来の騎乗になりますが、松山騎手は今年ブレイクした騎手と言ってもいいくらいの活躍でしたので、不安よりも期待が勝るコンビではないかと思います。

 

そして、ドリームバレンチノこのレースがラストランとなる事が決まりました。

デビュー時から1番多く騎乗した松山騎手でのラストランは、なんだかジーンときてしましそうですね…。

 

先週はイスラボニータが阪神カップ、キタサンブラックが有馬記念と、ラストランを勝利で飾る馬が多く、有馬記念では②着のクイーンズリングもラストランでした。

ドリームバレンチノも上記の馬に劣らないほど愛された馬でしたので、最後の花道を飾る可能性は十分です。

 

そして、その岩田騎手はレーザーバレットに騎乗します。

 

スポンサーリンク

 

この馬も来年には10歳となる馬で、前走のテレ玉杯では②着とこの馬も衰え感じさせない活躍を続けております。

騎乗する岩田騎手は、中央移籍前は園田競馬に所属する地方ジョッキーだったことから、園田競馬場はまさに『庭』といったところで、好スタートを決めると十分頭まである1頭です。

しかし割引材料としては、過去に58キロの斤量を2度背負った事がありますが、その2戦とも④着⑥着と馬券圏外に敗れております。

斤量に泣くか、岩田の腕が勝るか…楽しみな1頭です。

 

ブログ継続に向けて、応援クリックお願いします!

  

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15です。
1100円での推奨ですので初心者にオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

 

【記事をもっとみる】から公開記事の予想以外も
中央競馬、地方競馬問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

 

記事が参考になれば下記より是非拡散お願いします!

スポンサーリンク