笠松【2017 ライデンリーダー記念(SP1)】予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

ライデンリーダー記念
  (SP1)

12月30日(土)は、笠松競馬場で重賞競走が行われます。

交流元年といわれた1995年に、地方馬として現在のフィリーズレビューに当たる「報知杯4歳牝馬特別」を制し、その後牝馬3冠全てに出走したライデンリーダーの偉業を称え設立された『SP1』のレースです。

『SP1』とは、スーパープレステージワンの略称で、東海地区のグレード競走に使われる名称です。

 

距離は第1回から笠松1600mで変わりありませんが、2012年からは2歳牝馬限定競走として施行されております。

出走馬の確認です。

 

 

先にハッキリと言っておきますが、競馬に八百長は存在します。

詳しくはネットで検索して頂ければと思いここでの公表は避けますが、笠松競馬でも実際に行われていると断言します。

今回の様に注目度の高いレースでは八百長が行われる事は滅多にありませんが、平場のレースから馬券購入を考えている方は、そのリスクを十分考えたうえで購入して下さい。

それを承知でも馬券を買いたい衝動はなかなか抑える事が出来ないのは大変良く分かりますので、重賞レースでは手堅くも勝つ事を狙って馬券を購入しましょう!

 

【YOROの予想公開】

 

◎『人気ブログランキング』で公開
◯ リボース
▲ マーメイドモアナ
☆『最強競馬ブログランキング』で公開
△ トーセンスピネル
△ ノスケアマゾン
△ バレンティーノ
△ ウォーターループ

 

注目の本命馬と穴馬はランキングで公開中!!

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

  

※ランキングサイトの当ブログ説明欄に記載してます。

 

注目1番手はチエゴでしょう!

 

門別からの移籍馬で、デビュー戦を快勝したあとは連敗続きで伸び悩んでいた馬ですが、笠松移籍後は一変した走りで移籍初戦ではいきなりラブミーチャン記念を勝つなど、今回も人気の中心が予測されます。

どうも砂を被る事を嫌うようで、その影響から門別でも伸び悩んだ可能性が高く、今回からはホライゾネットを着用して万全を期す構え。

地元の牝馬同士であれば、まず勝ち負けでしょう。

 

門別からの移籍馬は他にも1頭、リボースがいます。

 

この馬も門別のデビュー戦を勝ったあとは伸び悩んでいる1頭で、新天地を求めて笠松に移籍しました。

なんと言っても愛知エリアではナンバー1の実力と実績で、全国区の知名度を誇る岡部誠騎手を配して巻き返しを図ります。

 

 

是非馬券を購入して応援しましょう!

 

 

注目の本命馬と穴馬はランキングで公開中!!

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

ブログ継続に向けて、応援クリックお願いします!

  

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15です。
1100円での推奨ですので初心者にオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

 

【記事をもっとみる】から公開記事の予想以外も
中央競馬、地方競馬問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

 

記事が参考になれば下記より是非拡散お願いします!

スポンサーリンク