【2016日本テレビ盃(Jpn2)】予想と穴馬情報

フェブラリーS

どうも、YOROです。

今週の28日木曜日は船橋競馬場で
【第63回日本テレビ盃(Jpn2)】が行われます。

今年はは3頭のG1馬が出走してきます。

JBC本番まで40日を切り、この競争もJBCへの重要なステップレースですので、陣営の勝負度合いなども考慮して予想していきたいと思います。

 

それでは予想です。

◎モーニン
○アウォーディー
▲サウンドトゥルー
人気ブログランキング!(90位前後)
△ハッピースプリント
△スリータイタン
△アンコイルド

◎ー○▲☆ー○▲☆△△△の三連複フォーメーション12点。

 

本命はモーニンにしました。

今年のフェブラリーSの勝ち馬ですが、前走では期待を裏切り8着。
初の地方遠征や騎手も地方競馬は下手なので、その点が影響したように感じます。

この馬はまだ8戦しかしておらず、負けたのも前走を含めて2度だけと、まだまだ奥がありそうに感じる点が非常に魅力です。
今回は南関東の競馬を知り尽くした戸崎騎手に手綱が戻り反撃体制が整ったと判断しました。

 

対抗はアウォーディーです。

ダートに戦いの場所を移してからは4戦4勝。
2走前に地方の馬場を克服して大勝した事もあり、今回も期待が持てそうです。

ダート挑戦後初の左回りという事と、実績的に見劣る事で対抗に留めましたが、上位人気が予想されるG1馬とは斤量面で優遇されており、その点は大きなプラス要素と考え2番手評価です。

 

注目はこの馬→人気ブログランキング!(90位前後)

 

元々は中央の重賞で上位争いをいていた馬。
前走は中央馬相手に2着と健闘しており、中央馬に隙がありそうな今回は前走の再現も十分可能だと思います。

 

私個人的にはこのレースが始まるといよいよ秋競馬だなと感じます。

今週からは中央でもG1が始まり、日曜日の夜はマカヒキ参戦の凱旋門賞です。

 

スプリンターズSの予想と凱旋門賞の予想も公開予定ですので、是非参考にして下さい。

 

では。

スポンサーリンク