京都【2018 京都記念(G2)】好走データ予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

 

京 都 記 念

 

2月11日(日)は京都競馬場で重賞、
『京都記念』が行われますので、予想を公開したいと思います。

 

大阪杯が昨年からG1競走へと昇格し、その前哨戦としてこれまでより注目度が高くなったのが京都記念ですが、3月末に控えるドバイ国際競争への国内調整のステップレースとしても使われる事が多く、近年は実績馬の出走が多くなっているレースです。

芝の中長距離路線のトップホースにとって、京都記念は国内外の春のG1に向けた始動戦という位置付けとして非常に重要なレースですので、過去10年の結果から好走データを探ってみたいと思います。

 

 

是非参考にしてみて下さい!

 

【出走馬の確認】

 

 

【好走データの確認】

 

スポンサーリンク

 

 

◎4歳馬、5歳馬が中心

◎前走が昨年末のG1競走だった馬

◎3走前までにG1・G2で④着内の実績

 

今年の京都記念は、出走馬10頭と少頭数ではありますが、かなりの好メンバーが集まり、非常に注目度の高い競走となりました。

 

昨年のダービー馬レイデオロをはじめ、3歳でエリザベス女王杯を制したモズカッチャン、そのモズカッチャンに秋華賞では先着し秋華賞を制したディアドラ、昨年の皐月賞馬アルアイン、その他では菊花賞②着のクリンチャーにエリザベス女王杯ではモズカッチャンの②着だったクロコスミアと、非常に濃厚なメンバーが集結しました。

 

1番人気が濃厚なレイデオロですが、主戦のC、ルメール騎手が騎乗停止となり、代打にバルジュー騎手の騎乗が話題となっておりますが、過去にはコスモサンビームで朝日杯を制するなど、近年では2014年の中日新聞杯をマーティンボロで制した実績のあるジョッキーです。

 

あまり知られていませんが、2015年と2016年の過去2回、母国イタリアからの完全移籍を目指し、JRA試験を受験しておりますが、2度とも1次試験で不合格となった実績がります。

日常会話程度の日本語は可能で、納豆が日本食では好物と、親日家な一面もあるジョッキーだけに、3人目の外国人JRAジョッキーとなる日が来るかも知れません。

 

過去10年の出走馬を年齢別に調べると、優勝馬10頭のうち9頭が4歳馬、5歳馬で占めており、若い馬の方が好走する確率が高い事が分かりました。

 

 

4歳馬と5歳馬は、勝率・連対率・③着内率とどの項目で見ても高い数値を示しており、今年も中心はこの世代と考えて問題なさそうです。

上記で紹介した有力馬の多くが昨年の牡馬・牝馬クラシックを盛り上げた世代の4歳馬ですので、馬券的にも波乱の決着はあまり望めないのかも知れません。

 

前走の出走レース別に成績を調べると、京都記念で最も好成績を残しているのは前走が『前年12月のG1』だった馬でした。

 

 

有馬記念からの出走馬を指しているデータと思われますが、今年の出走馬に昨年の有馬記念出走馬はありませんので、それ以外となると11月以降に行われたG1レースからの出走馬という事になります。

この条件に該当するのは…

 

・クロコスミア   牝5 54.0 岩田康成

・ディアドラ    牝4 54.0 福永祐一

・モズカッチャン  牝4 54.0 M、デムーロ

・レイデオロ    牡4 57.0 D、バルジュー

 

上記の4頭が該当馬となりました。

 

昨年の皐月賞馬アルアイン、菊花賞②着のクリンチャーは、共に前走が菊花賞からの出走ですが、菊花賞が行われたのは昨年の10月ですので、残念ながらこのデータには該当しません。

 

ここで注目したいのがクロコスミアです。

 

昨年のエリザベス女王杯で⑨番人気ながら②着と好走した馬ですが、前々走の府中牝馬Sではヴィブロス、アドマイヤリード、クイーンズリングといったG1ホースを一気に負かし、本格化をアピールした上り馬です。

5月生まれの遅生まれという事もあり、デビュー時は馬体重が398キロと非常に小柄だった事から、その成長が待たれましたが、現在は馬体の充実は目を見張るものがあり、牡馬相手の今回も期待の方が大きい1頭です。

 

どうしても実績馬に目がいきますが、それも仕方ない成績を収めるのが京都記念の特徴でもあり、過去10年の京都記念では『3走前までにG1またはG2で③、④着に入っていた』という経歴を持つ馬が毎年連対しております。

 

 

③、④着というのが肝で、①着でも②着でもこのデータでは該当馬とはなりません。

このデータに該当するのは…

 

・ミッキーロケット 牡5 56.0 松若風馬

・モズカッチャン  牝4 54.0 M、デムーロ

 

上記の2頭が該当馬となりました。

 

モズカッチャンは好走データ2つ目の該当馬という事になり、是非軸として狙ってもらいたい1頭です。

 

ミッキーロケットはG1でこそ足りませんが、G2やG3では安定した成績を挙げており注目したい1頭ですが、鞍上が一気に弱化と狙いずらい状況です。

先週のきさらぎ賞では、ダノンマジャスティに騎乗し、終始制御不能で全く競馬にならないどころか、4コーナーでは外へ飛んで行ったりと騎乗技術の乏しさが話題になりました。

松若騎手だけが悪い訳ではなく、今後の競馬を見据えると、無理やりにでも我慢させたことが今後プラスになると祈るばかりですが、これが武豊騎手やM、デムーロ騎手でも同じ結果だったかた考えると、色々と思う所があるのが正直な気持ちで、今回騎乗するミッキーロケットは右回りの競馬ではどうしてもモタれる面を見せる馬だけに、今回も松若騎手が癖馬を乗りこなせるかが最大のポイントになりそうです。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

【YOROの予想公開】

 

◎『人気ブログランキング』で公開
◯ レイデオロ
▲ アルアイン
☆『最強競馬ブログランキング』で公開
△ クリンチャー
△ 『レジまぐ』で買い目と共に公開
△ 『レジまぐ』で買い目と共に公開

 

注目の本命馬と穴馬はランキングで公開中!!

厳選した紐候補3頭は『レジまぐ』で公開しております。
※『レジまぐ』公開はレース前日の予定です。

 

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

  

※ランキングサイトの当ブログ説明欄に記載してます。

 

注目レースの予想記事公開情報
いち早くキャッチできる機能を追加!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15です。
1100円での推奨ですので初心者にオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

 

【記事をもっとみる】から公開記事の予想以外も
中央競馬、地方競馬問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

 

ブログ更新は自分との戦いです。
ブログ継続の為にも、皆様からの応援が必要です!!

 

ブログ継続に向けて、応援クリックお願いします!

  

 

記事が参考になれば下記より是非拡散お願いします!

スポンサーリンク