中山【2018 日経賞(G2)】好走データ予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

 

日 経 賞

 

3月24日(土)は中山競馬場で天皇賞(春)への前哨戦、
『日経賞』が行われますので、予想を公開したいと思います。

 

私が初めて実際に競馬場で観戦した初めての重賞がこの『日経賞』で、その時は12番人気と最低人気だったテンジンショウグンが優勝し、観客席が騒然としていた事が今でも思い出されますが、2013年以降の過去5年では4歳馬が3勝2着2回と、連対馬の半数を若い馬が占める注目のレースです。

阪神競馬場で行われた2011年を除き、中山競馬場で行われた過去10回の結果から、好走データを探っていこうと思います。

 

是非参考にしてみて下さい!

 

【出走馬の確認】

 

 

【好走データの確認】

 

スポンサーリンク

 

 

◎中山で行われたG1、G2への出走経験

◎G1以外の直近レースで⑥着以内の実績

◎上位人気馬優勢

 

中山競馬場で行われた過去10回の出走馬で、過去3走以内の中山のG1、G2への出走回数別成績を調べると、③着以内馬の半数以上で1回以上は中山のG1、G2を経験した馬が占めている事が分かりました。

 

 

好走率で『2回』・『1回』の組が『0回』組を大きく上回っていることから、過去3走以内に中山競馬場で行われたG1、G2に出走していた馬に注目です。

 

この条件に該当したのは…

・サイモントルナーレ  牡12  56.0
・サクラアンプルール  牡7 57.0
・ショウナンバッハ   牡7 56.0
・ゼーヴィント     牡5 56.0
・ナスノカイセン    牡6 56.0

上記の5頭が該当しました。

 

注目はサクラアンプルールです。

 

過去に中山芝コースで3勝を挙げている相性抜群の中山実績は今回のメンバーは抜けた評価が出来る1頭で、昨年は中山記念②着からその後札幌記念優勝の実績を残しましたた。

重賞2勝目を狙った今年の中山記念は④着でしたが、勝った勝ったウインブライトから0秒2差でゴールしており、悲観するような内容ではなく、むしろ良い叩き台になった事で今回は十分勝ち負けの期待が出来ると思います。

 

 

中山競馬場で行われた過去10回の出走馬について、G1を除く直近のレースでの着順別に成績をまとめると、③着以内馬延べ30頭中28頭は該当したレースでの着順が『⑥着以内』でした。

 

 

該当したレースは28頭中23頭がG2、4頭がG3、1頭がオープン特別となっており、重賞で上位になった実績はここでも裏切る事はなく、実力通りに実績馬が好走するレースである事が分かりました。

非常に重要なデータですので是非参考にして下さい!

 

ここで該当したのは…

・ガンコ        牡5 56.0
・キセキ        牡4 57.0
・サクラアンプルール  牡7 57.0
・ゼーヴィント     牡5 56.0
・ソールインパクト   牡5 56.0
・チェスナットコート  牡4 55.0
・トーセンバジル    牡6 56.0
・ノーブルマーズ    牡5 56.0
・ロードヴァンドール  牡5 56.0

上記の9頭が該当馬となりました。

 

メンバー中唯一のG1勝ち馬キセキはここが今年の始動戦となります。

 

昨年は神戸新聞杯②着をステップに、本番の菊花賞では記録的な極悪馬場を克服しG1ホースの仲間入りを果たしました。

香港へ遠征した前走の香港ヴァーズでは⑨着と菊花賞の疲労が否めなかったのか敗れはしましたが、立て直されたここで今年の好発進を決めたい1頭です。

 

中山実績がない事が心配要素ではありますが、菊花賞で下したクリンチャーを物差しに考えると、能力は間違いなく足りていますので、ここでの好走に期待したい1頭です。

 

サクラアンプルールゼーヴィントの2頭は先に挙げたデータにも該当し、重複して好走データに引っかかった事になり非常に期待の出来る馬ではないでしょうか。

 

ゼーヴィントは昨年夏の七夕賞以来約8か月半ぶりの実戦となるだけに、久々の影響が心配される馬ではありますが、メンバー中唯一の重賞2勝馬という実績から当然中心の1頭です。

また、目下5戦連続で連対をマークしている安定感も、高い評価ができるポイントだと思います。

 

そして、穴馬にはチェスナットコートを推します!

 

ブログ冒頭でも説明しましたが、このレースは4歳馬の活躍を目立つレースで、今年のメンバーではキセキチェスナットコートの2頭が4歳で出走します。

1000万、1600万と連勝で一気に重賞の舞台へと駒を進め、以前は右回りでスムーズさを欠くことがありましたが、ハーツクライ産駒特有の成長力で心身ともに本格化の兆しが伺えます。

 

キッカケを掴んだであろう昨年末のレースでは勝ったレイホーロマンスにはタイム差なしの②着に敗れましたが、レイホーロマンスはその後重賞で2戦連続で馬券圏内に好走している事から、この馬にも同様の期待がかかります。

是非注目してみて下さい!!

 

 

中山競馬場で行われた過去10回の単勝人気別成績を調べると、3勝2着1回で『1番人気』と『4番人気』の馬が勝率・連対率においてトップタイで並んでいます。

 

 

③着内率では1~4番人気の馬が40.0%以上となっており、好走率の面では上位人気馬が優勢で、馬券の中心として検討したいところですが、穴党の方は是非『6~9番人気』の馬も馬券に加えてみて下さい。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

【YOROの予想公開】

 

◎ サクラアンプルール
◯ キセキ
▲ ゼーヴィント
☆ チェスナットコート
△ ショウナンバッハ
△ ソールインパクト
△ ロードヴァンドール
△ トーセンバジル

 

今週から本命馬と注目の穴馬の馬名はブログ公開!

 

ランキング欄ではこのレース以外の注目馬を公開!

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

  

※ランキングサイトの当ブログ説明欄に記載してます。

 

注目レースの予想記事公開情報
いち早くキャッチできる機能を追加!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15です。
1100円での推奨ですので初心者にオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

 

【記事をもっとみる】から公開記事の予想以外も
中央競馬、地方競馬問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

 

ブログ更新は自分との戦いです。
ブログ継続の為にも、皆様からの応援が必要です!!

 

ブログ継続に向けて、応援クリックお願いします!

  

 

記事が参考になれば下記より是非拡散お願いします!

スポンサーリンク