メイダン【2018 ドバイゴールデンシャヒーン(G1)】好走データ予想と穴馬情報

どうも、YOROです。

 

ドバイゴールデンシャヒーン

 

スポンサーリンク

 

『ドバイゴールデンシャヒーン(G1)』は、メイダン競馬場ダート1200メートルで行われる一戦で、ドバイで行われるダート短距離王者決定戦です。

賞金額が高額なドバイで総賞金200万ドル(約2億2600万円)はそれほど目立つわけではないが、ダートのスプリント戦としては、アメリカのBCスプリント(G1)と並んで世界一の賞金額を誇るレースです。

 

日本馬ではこれまで2002年に出走したブロードアピールを皮切りとして、これまで9頭が参戦しており、2009年バンブーエール、2010年ローレルゲレイロの④着が最高着順です。

今年はマテラスカイ武豊騎手騎乗で参戦します。

 

過去3年のレース傾向から好走データ予想を公開します。

是非参考にしてみて下さい!

 

【出走馬の確認】

 

 

【好走データの確認】

 

◎アメリカ、UAE勢が圧倒的実績

◎先行力のある馬が優勢

◎高齢馬でも好走実績アリ

◎枠順による有利不利は少ない

 

 

調教やパドック、馬体重など、予想をする中で気になってしまう部分は多くあると思いますが、『過去のレース傾向』を把握しておくことで予想の精度を上げる事が可能です。

 

先日行われた高松宮記念では、1番人気のレッドファルクスより好走データで上位に推した2頭(ファインニードルナックビーナス)が馬券圏内を確保し、ナックビーナスにおいては10番人気で③着となりましたが、そては決してフロックではなく、過去の傾向から好走する要素が十分あった1頭でした。

好走データを知ったうえで、当日の調子や馬場状況などを考え最終的な判断をする事をオススメしますので、是非参考にしてみて下さい!

 

◎アメリカ、UAE勢が圧倒的実績

 

メイダン競馬場のダート1200メートルで行われるようになった2015年以降、過去3回のドバイゴールデンシャヒーンで上位③着以内に入った馬の調教国を見ると、アメリカ勢が2勝②着1回でダート大国の実力を示している事が分かりました。

 

 

アメリカ勢以外では、地元UAE調教馬が1勝②着1回③着2回、香港調教馬が②着1回③着1回と続き、この3か国が上位を独占しております。

今年は全10頭と少頭数でのレースで、10頭のうち3頭がアメリカ、5頭が地元UAEと出走馬の大半が好走データに該当する国の馬です。

 

大本命は昨年のBCスプリントの勝ち馬ロイエイチです。

 

 

今年で6歳になる馬ですが、昨年の5歳シーズンを迎える前は11戦して1勝しかしていなかったにもかかわらず、それが5歳シーズンを去勢して迎えた途端、怒涛の3連勝でG2を制し、その後初G1挑戦だったビングクロスビーSでも②着と一気に能力が開花しました。

その後は世界的名手K、デザーモ騎手を背にサンタニアスプリントCSで初G1制覇を達成し、その後BCスプリントも連勝で一気にダートスプリント界の頂点に立ちました。

 

今年最初の始動戦となった前走も、ノーステッキで②着馬に3馬身1/2差を付ける圧巻の走りでここへ駒を進めてきました。

展開にも注文の付かない馬で、スッと先行出来る脚質は間違いなくプラスで、最も優勝に近い1頭で間違いなさそうです。

 

◎先行力のある馬が優勢

 

ドバイゴールデンシャヒーンでは先行力が非常に重要で、残り400メートル地点での位置別成績をまとめると、5番手以内のポジションに付けていないと馬券に絡むのは難しそうです。

 

 

昨年はマインドユアビスケッツが10番手以下から追い込んで勝利しましたが、そもそも実力上位の存在で、降雨の影響で異例の重馬場で行われたことも影響した事から展開が向いた可能性が高く、基本的には行った行ったの競馬で決着する事が多いです。

 

今年、日本から出走するマテラスカイは逃げて連勝中の快速馬で、この馬はアメリカ産の外国産馬です。

 

 

父スパイツタウンからは、今年も出走するレイナルドザウィザードがこのレースの勝ち馬として実績があり、血統的な魅力がたっぷりあります。

その他では…ムアラブ、マイキャッチ、エックスワイジャット、ジョーダンスポートなどが前目で競馬する事になりそうで、抑え必須の注目馬です。

 

 

マテラスカイと同じスパイツタウン産駒のレイナルドザウィザードを紹介しましたが、この馬は今年で12歳になる高齢馬です。

 

 

ですが、昨年のこのレースで⑧着となった後は長期休養に入り、今年の1月に戦線復帰し、ここまでG3を2度使われ共に③着と衰えを見せておりません。

 

◎高齢馬でも好走実績アリ

 

ドバイゴールデンシャヒーンが行われるメイダン1200mの条件では、馬齢に関係なく高齢馬の実績も多く、馬齢で割引きをすると痛い目に合うかも知れません。

 

 

さすがに12歳馬での優勝実績はありませんが、あまりにも前がやりあう展開になれば、出番があるかも知れません。

 

◎枠順による有利不利は少ない

 

今年は10頭立てでの競争となりそうですが、このコースでは枠順による有利不利はありません。

 

 

勝率、連対率でみると、やや外枠に分があるかも知れませんが、③着内率だと差はなく、枠順に左右される必要はなさそうです。

 

国内発売4レースの1発目のレースですので、ここを的中させてなんとしても勢いを付けたいところです。

是非参考にしてみて下さい。

 

【YOROの予想公開】

 

◎ ロイエイチ
◯ エックスワイジェット

▲ マインドユアビスケッツ
☆ ジョーダンスポート
△ レイナルドザウィザード
△ マテラスカイ

 

ランキング欄ではこのレース以外の注目馬を公開中!

是非、下記リンクから確認お願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

  

※ランキングサイトの当ブログ説明欄に記載してます。

 

注目レースの予想記事公開情報
いち早くキャッチできる機能を追加!

 

レジまぐでは買い目を公開しております!

 

基本は3連複フォーメーション15です。
1100円での推奨ですので初心者にオススメです!!

注目度の高いレースを中心に公開してます。

 

【記事をもっとみる】から公開記事の予想以外も
中央競馬、地方競馬問わず予想公開中!

是非参考にしてみて下さい!!

 

記事が参考になれば下記より是非拡散お願いします!

スポンサーリンク