【2016 白山大賞典(Jpn3)】予想と穴馬情報

白山大賞典

どうも、YOROです。

明日は火曜日ですが金沢で重賞です。
【2016 白山大賞典 (Jpn3)】が行われます。

中央と地方の交流重賞は中央馬が有利なだけに、
ここは是非とも少点数で仕留めたいところです。

 

まずは注目のJRA所属馬の確認です。

アムールブリエ   牝5歳 57.0 浜中俊
ケイティブレイブ  牡3歳 55.0 武豊
ストロングサウザー 牡5歳 55.0 田辺裕信
トラキチシャチョウ 牡5歳 54.0 松山弘平
モンドクラッセ   牡5歳 54.0 M、デムーロ

JRAからは上記の5頭が出走します。

今年はなかなか骨っぽいメンバーが集まりましたね。
例年だと地方馬にも印を回して期待するところですが、
今年のメンバーだと素直にJRA所属馬を評価します。

 

中でも注目はアムールブリエでしょうか。

牝馬でありながらトップハンデの57.0キロ。
前走の門別は現地で応援しましたが、その前走が圧巻!

前走でも57.0キロを背負いましたが、2着に1.5秒差を付ける完勝劇で、休養後上手く立て直された印象で、本番のJBCレディスクラシックが本当に楽しみです。

先週の日本テレビ盃でも松永幹夫厩舎管理の
兄アウォーディーが勝っているように、
ノースヒルズ×松永幹夫厩舎のコンビは連勝といきたいところでしょう。

 

もう一頭注目はケイティブレイブ

5月に行われた園田での重賞を勝つと、勢いそのままにG1ジャパンダートダービーでも2着と好走。
その後も順調に使われ、2着が3回続いているが、揉まれる心配のない外枠を引いたことはこの馬にとってプラス材料。

地方の小回り競馬にも対応していることから、ここでも当然主役の一頭で、鞍上の武豊も心強い。

 

昨年は4番人気のマイネルバイカが勝ちました。

2~3着には58キロを背負った馬が来ましたが、勝ったマイネルバイカは54キロ。
また、1番人気が3連敗中のレースです。

安定度や陣営の意気込みなどから判断し、
軸馬と買い目をランキング紹介欄に記載しておきます。

 

こちら→人気ブログランキング!(100位前後)

 

軸馬は2000m以上のレースに照準を合わせて使ってます。

適性は間違いないので安定の軸候補です。

 

点数を絞って当てましょう!

 

では。

スポンサーリンク