(米)ケンタッキーダービー 日本馬の挑戦

どうも、YOROです。

『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』の創設が発表されましたね!

日本馬を対象にしたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズの事で、
これからは日本馬の中から毎年1頭がケンタッキーダービーに挑戦できる権利が得られます!

今年はラニが米国三冠レース全てに出走したことでも注目を集めましたよね。

 

ラニ武豊

©keiba-news.tv

 

ラニが米国三冠全てに出走したことは世界的にも非常に関心が高かったようで、
創設のキッカケとなった事は間違いありません。

 

ケンタッキーダービーとは…

 

そもそもケンタッキーダービーというレースを知っていますか??

世界中にある『ダービー』の中でも最高峰であることは間違いありません!

競馬界だけではなく、スポーツイベントとしても非常に知名度が高く、
その競走時間から『スポーツの中で最も偉大な2分間』と呼ばれてます。

 

アメリカのケンタッキー州ルイビルにあるチャーチルダウンズ競馬場で行われる
米国三冠レースの開幕戦、これがケンタッキーダービーです。

ダートの10ハロン(約2000m)で行われるこの競争は、
日本のダービー同様、一生に一度…3歳馬しか出走することができません。

日本馬では、先程から話題に出してるラニが出走して話題を集めましたが、
1995年に日本調教馬として初めてスキーキャプテンが出走し、14着と敗れてます。

 

この時の鞍上はラニと同じ武豊騎手でした。

 

スキーキャプテンもラニ同様、米国三冠に出走する事が発表され挑戦しましたが、
ケンタッキーダービーでの疲労が激しく、この1戦で帰国となってしまいました。

 

選定基準は??

 

日本国内での選定レースは、全2戦です。

 

1戦目 11月26日 カトレア賞 東京競馬場1600m

2戦目 2017年第1回東京開催 ヒヤシンスステークス 東京競馬場1600m

 

この2戦で4着以内に与えられるポイントで選定馬が決定されます。

ちなみに、招待ではないので権利を与えられても辞退する馬も出てきそうです。

 

今年の凱旋門賞から海外競馬の馬券も一部購入可能となるので、
当然ケンタッキーダービーもその対象になると思います。

ドバイワールドカップをヴィクトワールピサが勝ったように、
いつかは日本馬が優勝できる事に期待してます。

 

では。

スポンサーリンク