【2016 菊花賞(G1)】好走データと穴馬情報

菊花賞

どうも、YOROです。

今回は、今週末に行われる牡馬クラシック最後の1冠、
【2016 菊花賞(G1)】について、
過去の好走データと穴馬情報を公開致します。

 

日本ダービー馬マカヒキの凱旋門賞挑戦で、
今年の菊花賞はダービー馬不在での一戦となりました。

前評判では2強対決とか波乱決着とか言われてますが、
過去の好走データから今年の傾向を考えます。

 

まずは、確定枠順を確認していきましょう!

① カフジプリンス    岩田康成
② ジョルジュサンク    幸英明
③ サトノダイヤモンド  C、ルメール
④ シュペルミエール   北村宏司
⑤ ミライヘノツバサ   藤岡佑介
⑥ ディーマジェスティ  蛯名正義
⑦ レッドエルディスト  四位洋文
⑧ ミッキーロケット   和田竜二
⑨ イモータル      F、ヴェロン
⑩ ウムブルフ      浜中俊
⑪ レインボーライン   福永祐一
⑫ コスモジャーベ    丹内祐次
⑬ エアスピネル     武豊
⑭ アグネスフォルテ   松山弘平
⑮ サトノエトワール   池添謙一
⑯ プロディガルサン   田辺裕信
⑰ ジュンヴァルカン   M、デムーロ
⑱ マウントロブソン   川田将雅

上位人気が予想される2頭は共に内枠を引きました。

 

特に前走かかったサトノダイヤモンドは、休み明けでかかったとコメントしていましたが、この枠を引けばかかるリスクも少なくなり、絶好枠と言ってもいいのではないでしょうか。

 

ちなみに、過去10年の枠順連対率も載せときます。

①枠 20.0%
②枠 20.0%
③枠 5.0%
④枠 0%
⑤枠 10.0%
⑥枠 10.0%
⑦枠 25.0%
⑧枠 10.0%

どの馬も3000mは未知の距離なので、ロスなく立ち回れる内枠が理想だと思いますが、実際は外枠でも馬券になっている事が分かります。

外枠だから…という理由では割引く必要はなさそう。

逆に、④枠は過去10年連対馬が唯一出ていない死枠!

今回でいうと、前走サトノダイヤモンドにクビ差の
ミッキーロケットが④枠⑧番です。

データを重視する方は注目データとなってます。

 

それでは過去の好走データを載せておきます。

◎ 前走が神戸新聞杯(2~3着馬)
◎ 前走で2着馬に0.1差以上で1着
○ 前走が神戸新聞杯で1着馬
○ 前走がセントライト記念(3着以内)
▲ 前走が1000万で2着馬に0.7差以上で1着
▲ 前走が京都大賞典(3着以内)

消 前走が札幌だと【0.0.1.10】

 

注目は前走が神戸新聞杯組!!

過去10年の連対馬20頭中15頭が神戸新聞杯組で、ほぼ毎年連対馬が出ています。
さらに、その15頭中14頭は3着以内!!

人気でも神戸新聞杯3着以内の馬は馬券に組込みたい。

 

それでは、これらのデータを元に私が現在最も注目してる馬の名前を公開致します。

 

コチラ→人気ブログランキング!

 

人気でもやはり逆らわない方が良いようです。
鞍上は昨年1番人気馬で3着と残念な結果となりましたが、それも⑰番枠からのスタートでかかってしまていたのが敗戦理由で、それでいて3着に持ってきたことの方を評価します。

注目馬の馬名はランキング説明欄に記載してます。
※ランキング100位前後です。

前日は買い目と穴馬を公開致します。

 

当たるといいですね。

では。

スポンサーリンク