【2016 富士ステークス(G3)】好走データと穴馬情報

富士ステークス

どうも、YOROです。

【2016 富士ステークス(G3)】の好走データと穴馬情報の公開致します。

 

過去10年で100万、200万馬券が出ている波乱のレースで、休み明けの馬の好走も目立つレースとなっているのが特徴です。
過去の好走データかを参考に予想を組立ましょう!

 

それでは早速ですが、好走データを公開致します。

◎ 重賞勝ちの実績がある馬
◎ 前走が京成杯オータムハンデ(6着以内)
◎ 前走がG1出走馬(10着以下)
◎ 前走がOP特別か1600万条件(着順不問)
○ 重賞で2着の実績がある馬
○ 前走がポートアイランドS(1着)
○ 前走がダービー卿CT(着順不問)
○ 前走が上記以外の重賞(5着以内)
▲ 重賞で3着の実績かOP特別勝ちの実績

消 前走が関屋記念か中京記念【0.0.0.12】

過去10年の連対馬を見ると、休養明けの馬の好走も多い事が非常に重要なポイントとなりそうです。
実績馬が実績通り走る事がデータで証明されており、休養明けでも積極的に狙ってみましょう!

しかし、休養明けでも7か月以上の長期休養馬は連に絡んだ実績がありませんので注意が必要です。

実績面では過去10年の連対馬20頭のうち16頭に重賞での連対実績がありました。
そのうち12頭は重賞勝ちの実績もあったことから、重賞勝ちの実績馬は信頼のおける軸馬となりそうです。

 

最後に枠順の確認です。

① ブラックムーン   川田将雅
② ダノンプラチナ   蛯名正義
③ ヤングマンパワー  戸崎圭太
④ イスラボニータ   C、ルメール
⑤ テイエムイナズマ  古川吉洋
⑥ マイネルアウラート 柴田大地
⑦ フルーキー     M、デムーロ
⑧ ガリバルディ    福永祐一
⑨ ミュゼエイリアン  横山典弘
⑩ ブラックスピネル  大野拓弥
⑪ ロードクエスト   池添謙一

今年は11頭立てと寂しいレースとなってます。

 

昨年の勝ち馬ダノンプラチナは昨年に引き続き内枠を引き当て、休養明けの前走も京成杯AHで3着と、昨年よりも順調なローテーションなのは好感が持てます。
昨年はその後香港遠征を行い、勝ったモーリスから0.4差の7着ならここでは力上位で間違いなさそうです。

 

そんな中、私が最も注目する馬をあげときます。

 

コチラ→人気ブログランキング!

 

適性のあるマイルに主戦場を戻し、前走では約1年振りとなる勝利を果たしての参戦で、今最も勢いがあるのはこの馬だと思います。

買い目と穴馬は本日の夜に公開致します。

注目馬はランキング説明欄に載せときます。
※ランキング100位前後。

 

当たると良いですね。

では。

スポンサーリンク