【2016 天皇賞(G1)】好走データと注目馬情報

天皇賞

どうも、YOROです。

【2016 天皇賞(G1)】の好走データと注目馬情報を事前公開したいと思います。

今年の天皇賞(春)の勝ち馬キタサンブラックは、秋初戦の京都大賞典を危なげなく勝ちましたが、春秋連覇がかかるここを使わず、ジャパンC→有馬記念のローテーションが発表されています。

春の勝ち馬不在は私個人的には大変残念ではありますが、海外G1勝ち馬『エイシンヒカリ』と『モーリス』の参戦など、参加メンバーはかなり豪華です!
マイルで実績のある馬の参戦も多いレースですので、過去の好走データを参考に馬券を組み立てましょう!

 

それでは好走データを公開したいと思います。

◎ 前走が毎日王冠(3着以内)
◎ 前走が宝塚記念(9着以内)
◎ G1連対実績のある馬
◎ 当日1番人気~3番人気、または6番人気の馬
◎ 前走が芝2000m以上のG2勝ち馬
○ 前走が毎日王冠(4~9着)
○ 前走が芝2000m~芝2200mのG2で4着以内
○ G1で3着の実績がある馬
▲ G2で3着内実績のある馬

消 6~7歳馬【0.0.2.56】

 

注目は前走が毎日王冠だった馬で、過去10年で連対馬20頭のうち半数は毎日王冠をステップにした馬でした。

昨年は3連単10万以上の波乱決着となったが、勝った1番人気ラブリーデイの2着は、前走の毎日王冠で7着だったステファノスと、3着は毎日王冠で3着だったイスラボニータだった。
過去の傾向からみると、毎日王冠を勝った馬が断然有利という訳ではないので、前走毎日王冠組は無条件で馬券に絡めるのが得策のようです。

ちなみに、毎日王冠組でも2桁着順だった馬は厳しい。

消しデータからは6歳馬と7歳馬の連対が過去10年ではなく、上位人気に推される事はあるが、馬券になっても3着が2度あっただけで、07年3着カンパニーと13年3着だったエイシンフラッシュが6歳で3着に入っただけ。
そのうち07年のカンパニーは晩成馬で、その後の09年で8歳にして勝っているので例外と考える方が良さそうです。

 

次に注目なのは枠順。

天皇賞(秋)が施工される、東京2000mは発馬後すぐにコーナーという条件から外枠は不利と言われているコースです。

実際にはどうなのかも調べてみました。

①枠 20.0%
②枠 15.0%
③枠 0.0%
④枠 25.0%
⑤枠 15.0%
⑥枠 10.0%
⑦枠 15.0%
⑧枠 0.0%

③枠と⑧枠が連対馬ゼロ!という結果になりました。

③枠の連対馬0.0%は単純に活躍馬に恵まれなかっただけのような気もしますが、⑧枠は明らかに外枠の厳しさを証明するデータとなっています。
全体的に見ても内枠の方が良さそうです。

 

今年の毎日王冠は牝馬ルージュバックが勝ちました。

 

そんな中、私が注目してる1頭を公開します。

 

コチラ→人気ブログランキング!

公開終了:注目馬→ステファノス

前走は内で包まれる不利があり、満足に終えなかった不利が響いたが、前が開けてからは鋭い瞬発力を見せており、不利がなければ逆転まであると思います。

枠順確定後最終予想と買い目を公表致します。

 

今週も平日は地方競馬の予想を行いますので、どうぞご期待下さい。

 

では。

スポンサーリンク