【2016 アルゼンチン共和国杯(G2)】予想と好走データ

アルゼンチン共和国杯

どうも、YOROです。

今週はG1開催のない谷間の週ですが、
【2016 アルゼンチン共和国杯(G2)】が行われますので、予想と好走データを公開します。

昨年このレースを勝ったゴールドアクターは、勢いそのままに暮れの大一番『有馬記念』も制覇するなど、過去を見てもトーセンジョーダンスクリーンヒーローなど、このレースがいかに出世レースかがお解り頂けるかと思います。

未来のG1馬がここから誕生するかも知れませんので、注目度は非常に高いですね。

 

それでは好走データを公開致します。

◎ 重賞連対実績
◎ ハンデが55~57.5キロ以内の馬
◎ 前走がオールカマー(3着~9着)
◎ 前走が京都大賞典(3着~6着)
◎ 前走がオクトーバーS(2番人気以内で2着以内)
○ 重賞3着実績
○ 前走1着の4歳馬
○ 前走が重賞で9着以下
○ 前走がアイルランドT(4着以内)

消 前走が芝2500m以上【0.0.1.37】

ハンデ重賞とは名ばかりで、実際は実績がある馬がやや優勢で、過去10年の連対馬20頭のうち11頭には重賞連対歴があり、3頭には重賞3着実績があった。

重賞実績がなかった他の6頭にも共通点があり、6頭はすべて4歳馬。

ハンデが軽くて買いではなく、ハンデが極端だと切ってしまう方が得策です。

 

ついでに枠順も確認しておきましょう!

①枠 モンドインテロ   56.0 C、ルメール
②枠 トレジャーマップ  51.0 吉田豊
③枠 ワンアンドオンリー 58.0 柴山雄一
④枠 ショウナンバッハ  54.0 松岡正海
⑤枠 アルバート     57.0 戸崎圭太
⑥枠 クリールカイザー  57.0 田辺裕信
⑦枠 コスモロビン    53.0 嘉藤貴行
⑧枠 フェイゲーム    58.0 北村宏司
⑨枠 マイネルメダリスト 54.0 柴田大地
⑩枠 プレストウィック  54.0 石川裕紀人
⑪枠 シュヴァルグラン  58.9 福永祐一
⑫枠 レコンダイト    55,0 蛯名正義
⑬枠 ヴォルシェーブ   55.0 M、デムーロ
⑭枠 フェスティヴイェル 54.0 田中勝春
⑮枠 ムスカテール    54.0 A、シュタルケ

今年は15頭が集まり、中にはG1馬の姿もあります。
ワンアンドオンリーには個人的にもう一花咲かせてもらいたい気持ちが強いですが馬券は別!

頭数が集まりましたが、このコースは枠順の不利が殆どないレースです。

好走データからシッカリと的中を狙います!

 

それでは予想を公開致します。

◎人気ブログランキング!
○ワンアンドオンリー
▲ヴォルシェーブ
☆ショウナンバッハ
△モンドインテロ
△アルバート
△フェイムゲーム
△シュヴァルグラン
△レコンダイト

普段より推奨馬が1頭多いですがご了承下さい。

 

注目の本命馬はランキング説明欄に載せときます。

 

コチラ→人気ブログランキング!

※ランキング70位前後

 

来週のエリザベス女王杯は現地観戦予定です!!
ばんえい競馬と門別競馬がホームの私、初の淀!!笑

予想もご期待ください。

では。

スポンサーリンク