【2017 尾張名古屋杯】予想と穴馬情報

尾張名古屋杯

どうも、YOROです。

皆様、明けましておめでとうございます。

2017年、1発目の予想は名古屋の重賞です。
【2017 尾張名古屋杯】の予想と穴馬情報の公開を行います。

名古屋競馬場1600mで行われる競走ですが、名古屋1600m最大の特徴はスタート後最初のコーナーまでの距離が134mと非常に短いところにあります。

当然、内枠の逃げ・先行馬が有利になってきますが、重要なのは先行力で、行き脚が鈍い馬が内枠に入ってしまうと、ポジション争いが激化するので、位置取りが一気に後ろになってしまします。

先行力と枠順に注目して予想を組立ましょう!

この競争はABCクラス混合戦で、幅広いクラスの馬が出走しますが、言い換えるとハンデ戦です。

最重量はAクラス馬の57キロですが、最軽量はCクラスの51キロと斤量差は実に6キロもあります!
6キロも違えばかなり差がでそうですが、このレースの過去に傾向から見ても斤量が重い馬【実績のある格上馬】が確実に好走します!!
昨年も57キロを背負った6番人気馬が2着、5番人気馬が3着と、実績のある馬は重い斤量でも確実に上位に来ることを押さえましょう!

 

それでは予想の公開です。

◎人気ブログランキング!
○キクノセントロ
▲アルファメール
☆人気ブログランキング!
△サマーサラファン
△エーシンフルハウス
△サンライズフレンチ

 

本命馬と注目の穴馬はランキングでご確認下さい。

 

コチラ→人気ブログランキング!

 

今回対抗評価に推したキクノセントロですが、鞍上の戸部Jは昨日の大井競馬場で行われた東京2歳優駿牝馬を道営からの移籍初戦だったピンクドッグウッドで勝利して非常にいい1年の締めくくりとなり、今回は地元名古屋で連日の重賞勝ちの期待がかかります。

本命の●●●●●●●●は転厩を繰り返し、今回は再び愛知に戻っての一戦で鞍上はレースでの騎乗機会以外でも注目を浴びるジョッキーでの参戦です。
他との力関係が分かりずらい馬ではありますが、道営移籍をしてからは破竹の6連対と非常に充実した成績を収めていたように、今回のメンバーでは力上位と判断しました。

注目の穴馬はAクラスで活躍を続ける馬で、4走前に掲示板を確保した時のジョッキーに戻しての一戦。
鞍上は名古屋の顔とも言えるジョッキーで、安定感なら本命馬よりも望めるのかも知れません。

スポンサーリンク