【2017 東海S(G2)】好走データ予想と穴馬情報

東海S

どうも、YOROです。

JRA唯一のダートG2競走が今週末行われます。
【2017 東海S(G2)】の好走データと穴馬情報の公開を行います。

 

過去にはワンダーアキュートニホンピロアワーズといったG1馬や、最近では2年前にコパノリッキーも勝利しているレースで、過去の勝ち馬の知名度通り実績馬が好走し易いレースです。

 

開催場となる中京競馬場の改修工事により、京都開催へ変更されたりしていた年もありますが、実績馬が好走する点では変わりはありません。

公開する好走データは改修工事後の2013年以降の結果から判断して公開致します。

 

それでは好走データの公開です。

 

☆重賞勝ち実績
◎前走が東京大賞典(5着以内)
○重賞で2、3着の実績
○近4走中3勝以上
▲前走がチャンピオンズC(5着以下)
▲前走がダ1800m~2000mのOP特別(4着以内)

消 4歳馬【0,0,1,6】

 

重賞勝ちの実績があり、東京大賞典かチャンピオンズCのダートG1出走馬に好走傾向が集まる傾向にあり、冒頭でも伝えましたが実力馬が実力を発揮するレースである事がわかります。

今回のメンバーで東京大賞典に出走した馬は2頭。

・カゼノコ      太宰啓介
・モズライジン    中谷雄太

好走データとしては、東京大賞典で5着以内になった馬として取り上げましたが、今回出走の2頭は残念ながら5着以内には入っておりません。
ですが、データを取るには期間不足な感も否めませんので、出走している事を評価したいと思います。

そして、チャンピオンズC出走馬も2頭。

・アスカノロマン   和田竜二
・ロワジャルダン   浜中俊

アスカノロマンは10番人気でチャンピオンズC3着と好走している事から今回も注目の1頭。
有力馬が好走データの後押しがあるのはいいですね。

そして1番重要なのが重賞勝ちの実績!!
今回の出走メンバーで重賞勝ちの実績があるのは全部で9頭です。

・アスカノロマン   和田竜二
・インカンテーション 藤岡康太
・ラストインパクト  石橋脩
・ショウナンアポロン 丸田恭介
・グレンツェント   横山典弘
・リッカルド     北村宏司
・マイネルクロップ  丹内祐次
・カゼノコ      太宰啓介
・ロワジャルダン   浜中俊

重賞勝ち実績馬の頭数だけ見ると凄いですね。
まさか9頭も重賞馬が出走しているとは思いませんでしたが、これはそれだけ抜けた馬がおらず、混線模様という事です。

 

さて、それでは予想の公開を行いたいと思います。

◎人気ブログランキング!
○グレンツェント
▲モズライジン
☆人気ブログランキング!
△インンテーション
△ピオネロ
△リッカルド
△ロワジャルダン

 

注目の本命馬と穴馬はランキングに載せときます。

 

コチラ→人気ブログランキング!

 

穴馬に推奨するのは前日オッズ10番人気以下の超穴馬です。
中京の長い直線はもってこいの筈で、凍結防止剤を散布した馬場なら前が止まったところで出番があっても驚けません。

土曜の馬場を見る限り、前は止まるので後ろからの競馬は歓迎だが、外は伸びないので馬郡を割ってきてもらいたい。

スポンサーリンク