【2017 TCK女王杯 (G3)】予想と穴馬情報

ホワイトフーガ

どうも、YOROです。

明日は大井競馬場で指定交流重賞です。
【2017 TCK女王杯 (G3)】の予想と穴馬情報の公開を行います。

 

大井競馬場の1800mで行われる牝馬限定の一戦で、今回はJRAからは5頭が参戦します。

 

現在の牝馬ダート路線の女王ホワイトフーガが出走を予定しており、連覇がかかる一戦です。

昨年もJBCレディスクラシックを勝ってからのローテーションで、今年も同じローテーションでの参戦は非常に好感が持てますね。

 

牝馬ダート路線では重賞も数も少なく、一戦一戦が勝負で賞金を加算していかなければいけません。
例え女王だとしても、ここは取りに来ていると思いますので、素直に評価することをお薦めします。

それでは出走馬の確認です。

 

TCK女王杯

 

個人的に注目している馬は高知のディアマルコです。

 

昨年の高知ダービー馬に牝馬でありながら輝き、その後も大きく崩れたのは大井までの遠征で参加した今回の舞台と同じ昨年のレディスプレリュードの10着くらいで、非常に優秀な成績を収めています。
大敗した昨年のレディスプレリュードは前走からの間隔が詰まっていた事や、初の長距離輸送だった事を考慮するとまだまだ見限るのは早いです。

 

今の大井競馬場は非常にパワーが必要な馬場で、ハナを主張しそうな馬が他にいないとなると楽逃げが十分可能で、さすがに前日オッズ250倍以上の馬を軸には買えませんが、紐には是非入れて注目して頂きたい1頭です。

 

女王ホワイトフーガは斤量58キロと他馬と比較するとダントツのトップハンデとなりましたが、昨年の川崎競馬場で行われたスパーキングレディーも58キロで勝っている事から問題にはならなさそうです。
川崎競馬場のダートは地方でも屈指のパワーが必要な馬場で、そこで好走している事はかなりのプラス要素で今回も大崩れは考えられません。

 

さて、それでは予想の公開を行います。

 

◎ホワイトフーガ
○ワンミリオンス
▲タイニーダンサー
☆人気ブログランキング!
△マイマイティー
△トーセンセラヴィ
△ケイティバローズ
△ディアマルコ
△タマノブリュネット

 

注目の穴馬はランキングでご確認下さい。

 

コチラ→人気ブログランキング!

 

間違いなく昨年の南関東競馬を盛り上げたうちの1頭で、交流重賞でも好走実績がある馬です。
鞍上は今の大井競馬場の馬場を分かっており、今回の乗り変わりは間違いなくプラス要素です。

逆に、タマノブリュネットの乗り変わりはマイナス材料で、南関東では名の知れたトップジョッキーですが、馬場が読めませんので注意が必要です。

スポンサーリンク