【2017 きさらぎ賞 (G3)】好走データ予想と穴馬情報

きさらぎ賞

どうも、YOROです。

【2017 きさらぎ賞 (G3)】の好走データと穴馬情報の公開を行います。

 

きさらぎ賞はワンターンの京都競馬場の外回り1800mで行われるレースで、前半はペースが緩む事もあり、3コーナーからの下り坂を利用してのロングスパート勝負になる事もある持久力が必要とされるコースです。

 

ここでの優勝馬は将来の活躍が約束されるかのような実績を挙げており、昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドの他に、ルージュバックワールドエーストーセンラーリーチザクラウンと、活躍馬が非常に多いレースです。

ちなみに、6年前のトーセンラーが勝った年の3着馬はのちの3冠馬オルフェーヴルで、2着3着に敗れた馬の中にも活躍馬は多く、注目度はかなり高い一戦です。

 

それでは好走データの公開を行います。

 

☆前走が芝1800m~2000mの500万特別1着馬
◎前走が京都芝1800mで2着に0.1差以上付けた1着馬
○逃げ・先行馬

消 前走朝日杯組【0,0,2,5】

今年のメンバーでは好走データに該当する馬が少なく、配当的にも期待できないので、資金に余裕のない方は馬券購入を控える事をオススメしたくなるレースですが、好走データに合致する馬を挙げると今年は2頭が該当馬といなりました。

 

・エスピリトゥオーゾ  四位洋文
・サトノアーサー    川田将雅

 

大本命の好走データに合致するのはサトノアーサーで、前走の阪神競馬場で行われたレースで上がり3ハロン32秒7の末脚で差し切っており、相当な切れ味の持ち主であることが分かる。

鞍上の川田Jもこの馬の為に落馬負傷から急遽復帰を決めたくらいの馬なので、期待が出来るのではないでしょうか。

 

好走データも重賞ですが、それと同じくらい重要なのが消しデータで、このレースは前走朝日杯組の相性は悪く、今回は3頭が消しのデータに該当します。

 

・アメリカズカップ   松若風馬
・タガノアシュラ    岩田康成
・ダンビュライト    C、ルメール

 

3頭とも巻き返してきそうなメンバーですが、そんな事を言っていては買い目を絞る事は出来なくなるので、オッズと相談して購入馬は選別して下さい。

 

注目したい馬1頭を公開します!

 

事前想定オッズでは超穴馬。
好走データにも合致している事を評価して、積極的に狙って見たい1頭です。

基本的には前有利なレースでもありますので、その点も馬券購入のポイントとして意識してみて下さい。

コチラ→人気ブログランキング

スポンサーリンク