【2017 東京新聞杯 (G3)】最終予想と穴馬情報

東京新聞杯

どうも、YOROです。

【2017 東京新聞杯 (G3)】の好走データと穴馬情報の公開を行います。

 

今年も既に1月が終わってしまい2月へと突入と、中央地方問わず毎日競馬を見ていると時間の流れが本当に早く感じます。

2月の競馬も宜しくお願い致します!!

 

さて、東京新聞杯はワンターンの東京競馬場1600mで行われるレースで、このレース特に1600mでの実績が問われます。

昨年はスマートレイアーが優勝し、前走エリザベス女王杯からの出走馬が過去3年で2勝と好相性となりつつあったレースですが、今年はそもそも牝馬の出走自体がないようで珍しく牡馬同士での競争となっております。

まずは、出走馬の確認です。

 

東京新聞杯

 

今年の出走メンバーは10頭と少し寂しいですが、エアスピネルヤングマンパワーなど今年のマイル戦線を引っ張る事になりそうな注目馬が出走してきますので、大注目の一戦です!

 

それでは好走データの公開を行います。

☆重賞での優勝実績
☆前走がニューイヤーS組
◎前走が京都金杯組
○ディープインパクト産駒
▲前走が1600mだった馬(着順不問)
▲重賞での3着内実績

消 前走接戦で敗れた馬【0,0,1,5】

 

過去10年で最多連対馬は前走ニューイヤーS組で5連対、次が4連対の京都金杯組で、この2レースに出走した馬は無条件で積極的に狙いたい。

実績面では、過去10年の連対馬20頭のうち16頭に重賞での3着以内の実績があり、今回の出走メンバーでは8頭が該当してます。

・エアスピネル    武豊
・ストーミーシー   江田照男
・タガノブルグ    吉田隼人
・ブラックスピネル  M、デムーロ
・プロディガルサン  田辺裕信
・マイネルアウラート 柴田大地
・ヤングマンパワー  戸崎圭太
・ロイカバード    横山典弘

上記の8頭です。

分かりやすいように色分けも行います。

青→ニューイヤーS
赤→京都金杯
黄色→ディープインパクト産駒

色が付いた馬は好走データに該当しておりますので、注目して下さい。

 

上記の該当馬の中から注目したい1頭を公開します!

東京1600mの条件巧者で、過去に出走した重賞でも好走実績があり注目の1頭!
事前の予想オッズでも10倍以上を付けている穴馬。
強力な同型もおらず、楽に競馬出来そうな展開もよく、1発あるとすればこの馬!!

コチラ→人気ブログランキング!

スポンサーリンク