名古屋【2017 名古屋大賞典 (Jpn3)】予想と穴馬情報

名古屋大賞典

どうも、YOROです。

3月30日(木)は名古屋競馬で指定交流重賞が行われます。
【2017 名古屋大賞典(Jpn3)】の予想と穴馬情報の公開を行います。

 

今年で40回目の開催となる『名古屋大賞典』ですが、名古屋競馬場を代表するレースで今年はJRAから5頭が出走を予定しており、9頭立てでのレースで半数以上がJRAからの遠征馬となります。

地方馬4頭の中では、南関東リーディングトップをひた走る森泰斗ジョッキー騎乗のトロヴァオが遠征しており非常に楽しみではありますが、他では笠松から1頭、地元名古屋からは2頭のみの参戦と非常に寂しいレースとも言えます。

 

JRAとの指定交流ですので、売上自体は伸びると思いますが、もっと地元からの参戦を後押し出来るような条件にならなければいけないと、個人的には感じます。

 

JRAの重賞クラスの競走馬にとっては躍進のきっかけとなる競走であり、過去にはエスポワールシチーなどのG1馬をはじめスマートファルコンニホンピロアワーズ、最近ではホッコータルマエアウォーディーがこの競争を勝ってにちにGI級競走優勝馬となっているレースです。

Jpn3競走という格の問題と実績馬には重い斤量を背負わされる為、実績馬の参戦は少ない傾向にあるレースですが、今年は今年の川崎記念(Jpn1)の勝ち馬オールブラッシュの出走が予定されており、59キロと非常にキツイ斤量を背負いますが注目が集まる事と思います。

斤量面を考慮しながら予想を行いたいと思います。

 

それでは出走馬の確認です。

 

 

川崎記念で初G1制覇を達成したオールブラッシュの参戦が注目されますが、その川崎記念で5番人気だったオールブラッシュよりも上の2番人気の支持を集めていたケイティブレイブの出走にも注目が集まります。

川崎記念では⑤着と敗れてしまいましたが、巻き返しを賭けて出走したフェブラリーSで11番人気なから⑥着とあと一歩で掲示板は逃しましたが、重賞3勝の実績はメンバー中随一で、名古屋競馬場では昨年の名古屋グランプリでは2500mの長距離でも崩れることなく②着と名古屋の小回りでも十分に対応できることを証明してます。

58キロの斤量がどうかも、前走で57キロにG1の舞台で対応していることから問題はなさそうです。

 

今回の出走メンバーで最も注目しているのは地元名古屋のカツゲキキトキトです。

昨年の名古屋グランプリではJRA馬相手に③着と好走し、2走前の佐賀記念でもJRA相手に④着と引けを取らない活躍が続いております。

今回は地元開催という事もあり、ここを目標にしっかりと仕上げられての出走ですので上位争いに加わる可能性が非常に高い1頭と言えます。

 

それでは予想を公開致します。

 

◎『人気ブログランキング』にて馬名公開予定!
○  ケイティブレイブ
▲  ピオネロ
☆『人気ブログランキング』にて馬名公開予定!
△  ドリームキラリ
△  オールブラッシュ

 

注目の本命馬と穴馬の馬名公開に関しましては、
『人気ブログランキング』の当ブログ説明欄にて馬名の公開をレース前日に掲載予定です。

下記リンクよりアクセスし、確認お願い致します。

 

スポンサーリンク

 

注目馬公開→人気ブログランキング!

 

レジまぐでは買い目まで公開しております。

皆様のお陰で公開以降大変好評で、ランキングでも上位の成績を残すことが出来ております。

 

ありがとうございます!!

 

基本は1R、1000円程度の掛け金で基本は3連複です。
1点100円での推奨ですので、少額で楽しみたい方にもオススメです!!

※↑画像リンクからアクセスできます!

レジまぐでの競馬予想家ランキングも上位にランクインしております。
これも皆様方の応援あっての物ですので、
今後とも応援宜しくお願い致します!!

スポンサーリンク